美容・健康の仕事に役立つ資格を取得するメリット

美容・健康の仕事に役立つ資格やりがい・夢を与える
スポンサーリンク

美容と健康はこれからの時代も高いニーズが見込まれるジャンルです。美容業界や健康業界で働くとやりがいも得られます。美容や健康に関する資格を取得することで、就職やスキルアップにも役立ちます。この記事では美容・健康に関するおすすめの資格を紹介します。

スポンサーリンク

美容・健康系の仕事には資格が必要なの?

美容や健康に関する仕事はたくさんありますが、職種によっては資格が必須となります。たとえば美容師や理容師として働くためには、国家資格の取得が必須です。また、あん摩マッサージ指圧、はり、きゅう及び柔道整復として働くためには、国家資格を取得しなければいけません。

ただし資格がなくとも美容・健康系の仕事に就くこともできます。美容系であればエステティシャンやネイリストは仕事をすることが可能です。資格なしで応募できる求人もあります。健康系では、あん摩マッサージ指圧、はり、きゅう及び柔道整復が国家資格取得が必要なのに対し、カイロプラクティックや整体師は無資格でも仕事に就くことができます。

美容・健康系の仕事のための資格取得のメリットはあるの?

美容・健康系の資格を取得すると、次のようなメリットを得られます。

美容・健康系の仕事のための資格取得のメリット
  • 正しい専門知識を習得できる
  • 誤った知識や施術による怪我や事故を未然に防ぐ
  • お客さんから高い信頼を得られる
  • スキルアップや仕事の幅を広げるきっかけになる
  • 就職に役立つことがある
  • 仕事だけでなく、自身の美容と健康にも役立つ

【美容師】美容・健康系の仕事におすすめの国家資格

就職や仕事に役立つ国家資格の中でも、美容師はとても人気の高い資格です。美容師は国内に25万件ほどあり、美容師数は約54万人ほどいます。毎年多くの人が美容師国家試験を受験し、美容師としてのキャリアをスタートさせています。美容師の国家試験の受験資格は、美容師の養成施設でカリキュラムを修了する必要があります。昼間課程なら2年以上、通信課程なら3年以上の課程を修了することが求められます。

実は美容師の資格を取得しておくと、ヘアカットやヘアカラーをする美容師以外にも下記の職種への就職に役立ちます。

美容師の資格を活かせる仕事
  • ヘアメイクアーティスト
  • アイリスト・アイデザイナー
  • アイブロウリスト
  • 化粧品会社などの美容部員
  • 着付け師
  • 美容商品の卸売り など

特にヘアメイクアーティスト、まつ毛や眉毛の施術を行う仕事に就きたい場合、美容師法という法律によれば美容師免許が必要です(2022年現在)。

美容師国家試験を実施・管理しているのは、「公益財団法人理容師美容師試験研修センター」です。

美容師の資格を取るとどんなメリットがある?
オシャレをキープするには欠かせない、ヘアカットやヘアセット。素敵な髪型に変えてくれるのがサロンで働く「美容師」の人達ですが、実は美容師免許は国家資格で、試験に受からないとなれない専門職です。今回は美容師の資格を取るために必要な技術・知識や、取得のメリットなどを詳しくご紹介していきます。

【理容師】美容・健康系の仕事におすすめの国家資格

理容室で働く理容師は、ヘアカット、セット、カラーリング、パーマ、ヘアケア、シェービングなどの技術を有する国家資格保有者です。

理容師と美容師は混同されることもありますが、美容師はカット、パーマ、カラーリング、ヘアセット、メイクを主な業務とすることを美容師法で定められています。シェービング(顔そり)は理容師の仕事です。ただし美容師がメイクを施す前に顔のうぶ毛を剃ることは認められています。

美容師に比べると、理容師の数は約21万人で理容室の数も約11万~12万と多くはありません。ただし理容師のカット技術やシェービング技術に対する需要は一定数が見込めますので、資格取得が就職に役立つ可能性は高いです。

理容師試験の詳細は「公益財団法人理容師美容師試験研修センター」の公式HPから確認することが可能です。

理容師の資格を取るとどんなメリットがある?
赤白青の縞模様の回転サインポールが特徴の散髪屋さん「理容師」。特に男性は髪をカットしに頻繁に訪れるお店ですが、この理容師になるには国家資格を取る必要があります。今回は、理容師の資格を取る方法や取るメリットなどをご紹介していきます。

【きゅう師試験】美容・健康系の仕事におすすめの国家資格

きゅう師とは、身体のツボに温かいおきゅうをのせて不調の改善をサポートする仕事です。きゅう師として施術をするためには、国家資格を取得する必要があります。

身体の不調というと薬や手術など西洋医学で改善する方法もありますが、副作用や身体への負担が少ない東洋医学にも注目が集まっています。おきゅうも東洋医学のひとつで、確かな知識と技術を持ったきゅう師だからこそできる施術として人気があります。

きゅう師試験の資格を活かせる仕事
  • 鍼灸院
  • 接骨院
  • 病院や福祉施設
  • 美容サロン
  • スポーツトレーナー など

きゅう師の国家資格を管理しているのは厚生労働省で、資格試験を実施しているのは指定機関の「公益財団法人 東洋療法研修試験財団」です。

きゅう師の資格を取るとどんなメリットがある?
肩こりや腰痛の緩和だけでなく、近年ではスポーツ医療の分野や美容目的でも効果が注目されている人気の東洋医学が「きゅう(灸)」です。今回は、このきゅうの施術を行う専門家「きゅう師」とはどんな資格か、仕事内容や資格の取得方法などを紹介していきます。

【あん摩マッサージ指圧師試験】美容・健康系の仕事におすすめの国家資格

あん摩マッサージ指圧師は、医療系の国家資格です。あん摩マッサージ指圧師の資格を取得すると、医師の指示を受けずに施術を行うことができます。あん摩の「按」は「押さえる」、「摩」は「撫でる」を意味し、施術では揉む・押す・叩く・撫でる・さするといった手技を使い、身体の不調の改善を目指します。施術では、人が本来持っている自然治癒力や免疫力を引き出すことを目指しているのも特徴です。

健康維持や健康増進のため、運動の習慣化が推奨されています。ただし運動によって怪我や身体の不調を引き起こすこともあり、あん摩マッサージ指圧師の力が必要になることも増えています。

あん摩マッサージ指圧師試験の資格を活かせる仕事
  • 治療院・マッサージ店
  • 病院・介護施設
  • スポーツジム など

あん摩マッサージ指圧師の国家資格を管理しているのは厚生労働省で、資格試験を実施しているのは指定機関の「公益財団法人 東洋療法研修試験財団」です。

あん摩マッサージ指圧師の資格を取るとどんなメリットがある?
手技を駆使して体の不調や痛みを改善するプロフェッショナルが、「あん摩マッサージ指圧師」です。あん摩マッサージ指圧師は、独自の判断でマッサージができる独占名称資格かつ医療系国家資格の一種でもありますが、どうすれば資格を取得できるのでしょうか。気になる就職先の情報も併せて紹介します。

【柔道整復師試験】美容・健康系の仕事におすすめの国家資格

柔道整復師とは、捻挫や打撲、骨折、脱臼などの怪我を治療する医療行為を行う国家資格です。リハビリテーションに関する知識と技術も習得しており、接骨院・整骨院のほか病院などでも活躍しています。

民間資格の整体師は医療行為を行うことができないため、施術行為に対して健康保険や労災保険が適用されません。柔道整復師の医療行為に対しては健康保険や労災保険が適用されます。

柔道整復師試験の資格を活かせる仕事
  • 接骨院・整骨院
  • 病院・リハビリ施設
  • 介護・福祉施設
  • スポーツジム など

柔道整復師の資格を管理しているのは厚生労働省で、資格試験を実施しているのは指定機関である「公益財団法人 柔道整復研修試験財団」です。

柔道整復師の資格を取るとどんなメリットがある?
捻挫や打撲をしたとき、接骨院や整骨院で「柔道整復師」の施術を受けた経験がある人も多いのではないでしょうか。今回はこの柔道整復師とはどんな資格か、仕事内容や整体師との違い、資格取得の方法などを紹介していきます。

【はり師試験】美容・健康系の仕事におすすめの国家資格

国家資格であるはり師の仕事は、ごく細いはり(鍼)を体のツボ(経穴)に刺し、その刺激で身体の不調の改善をサポートすることです。はりは東洋医学のひとつで、さまざまな研究によってその効果が認められてきました。

健康維持や身体の不調改善のためのはりのほか、スポーツはりという分野で活躍するはり師も増えつつあります。また、ダイエットや美肌のための美容はりという施術を提供しているクリニックやサロンもあり、活躍の幅が広い職種となりました。

はり師試験の資格を活かせる仕事
  • 鍼灸院・鍼灸サロン
  • 介護・福祉施設
  • スポーツ鍼灸施設
  • 美容クリニック・サロン など

はり師の国家資格を管理しているのは厚生労働省で、資格試験を実施しているのは指定機関の「公益財団法人 東洋療法研修試験財団」です。

はり師の資格を取るとどんなメリットがある?
肩こりや腰痛などに悩まされた時、鍼灸院ではり師の治療を受けた経験はあるでしょうか。実ははり師は国家資格で、有資格者でないと仕事に従事することができません。資格の取得方法や「きゅう師」「鍼灸師」との違いなど、紹介していきます。

【色彩検定】美容・健康系の仕事におすすめの公的資格

美容に携わる仕事に就く人ならば、色彩への関心を抱くこともあるでしょう。色彩検定は文部科学省の後援を受けた公的資格で、色彩に関する知識の向上や色彩センスのブラッシュアップに役立ちます。

色彩の選び方や組み合わせには研究が積み重ねられており、より効果的な色の使い方が発見されています。色彩検定で色に関する知識を習得することで、色を活用するスキルを磨くことができるでしょう。色彩検定を取得すると、下記の職種で知識を活かすことができます。

色彩検定の資格を活かせる美容系の仕事
  • ファッションコーディネーター
  • メイクアップアーティスト
  • ネイリスト など

色彩検定の管理をしているのは、公益社団法人 色彩検定協会です。

色彩検定の資格を取るとどんなメリットがある?
私たちの生活に密接している知識や技能を取得できる資格に、「色彩検定」があります。街並みや広告、ファッションなどには実に多くの色が使われています。色選びのセンスを上げたい人は、色彩検定を通して分類などの理論、色彩の調和などを習得するのがおすすめです。 この記事では色彩検定について級の違い、役立つ職種などを紹介します。

【美容薬学検定】美容・健康系の仕事におすすめの民間資格

化粧品や健康補助食品・サプリメントは、美容と健康をサポートするアイテムとして幅広い年代が愛用していますよね。美容薬学検定とは、美容と健康に関する薬学や専門用語を習得していることを証明できる資格です。

化粧品や健康補助食品・サプリメントなどを扱う会社や小売店で働く場合、美容薬学検定で得た知識を仕事に生かすことも可能でしょう。また美容関連のカウンセリングやアドバイスをするときにも、たしかな知識を頼りに接客することができます。

美容薬学検定の資格を活かせる美容系の仕事
  • 化粧品を販売する会社
  • 健康補助食品・サプリメントを販売する会社
  • 美容関連のカウンセラー・アドバイザー など

美容薬学検定は、NPO法人 日本セルフケア支援薬剤師センターが主催しています。

美容薬学検定の資格を取るとどんなメリットがある?
「美容薬学検定」は、化粧品や健康補助食品に関する知識を証明する試験です。この記事では、美容薬学検定1級と2級が役立つ仕事や業界、資格取得のメリット、試験の出題内容を解説します。 学生から社会人まで幅広い層の受験者がいる美容薬学検定について、基本的な知識をチェックしましょう。

【JNAジェルネイル技能検定】美容・健康系の仕事におすすめの民間資格

ネイリストは美容系の仕事の中でも、女性が多く活躍している仕事のひとつです。ネイルサロンに就職するほか、独立してネイルサロンを開業したり副業やフリーランスのネイリストになる人もいます。

ネイリストにおすすめの資格には「ネイリスト技能検定」もありますが、ネイリスト技能検定取得後にJNAジェルネイル技能検定にチャレンジする受験者も多くいます。近年のネイルサロンではJNAジェルネイルの施術が増えており、ネイリストが取得しておきたい資格としてJNAジェルネイル技能検定は人気なのです。

JNAジェルネイル技能検定の資格を活かせる美容系の仕事
  • ネイルサロンのネイリスト
  • 美容室のネイリスト
  • ネイリストとして独立・開業 など

JNAジェルネイル技能検定は、NPO法人 日本ネイリスト協会が実施しています。

JNAジェルネイル技能検定の資格を取るとどんなメリットがある?
ネイリストが取得したい代表的な資格には、ネイリスト技能検定とJNAジェルネイル技能検定があります。女性に人気の職業でもあるネイリストとして活躍するためには、何級以上を取得するのが安心なのでしょう。 この記事では、JNAジェルネイル技能検定の試験概要を説明していきます。

【日本健康マスター検定】美容・健康系の仕事におすすめの民間資格

健康に関する仕事に興味がある人は、日本健康マスター検定の取得もおすすめです。日本健康マスターの資格保有者は、健康リテラシーやヘルスリテラシーに関する知識を習得していることを証明することができます。

日本健康マスター検定の資格を活かせる健康系の仕事
  • 健康食品を取り扱う会社
  • フィットネスジムやスポーツジム
  • 美容なども含むウェルネス事業 など

日本健康マスター検定を主催しているのは、一般社団法人 日本健康生活推進協会です。

日本健康マスター検定の資格を取るとどんなメリットがある?
高齢化などによってQOL向上への関心が高まっていますよね。QOLの低下を予防するには、健康に関する正しい知識が必要です。「日本健康マスター検定」はベーシック・コースとエキスパート・コースに分かれる民間資格で、健康や病気予防に関する知識を習得できます。資格取得のメリットや試験の合格率を解説しますので参考にしてくださいね。

【ダイエット検定】美容・健康系の仕事におすすめの民間資格

美しいスタイルの維持や健康増進のために、ダイエットをする人は年代問わず多くいます。ただし間違ったダイエット法のために健康を損なう人もいるのが現状です。ダイエット検定の資格保有者はダイエットに関する正しい知識を取得していることを証明でき、ダイエットに関するアドバイスなどを行う際にその知識を役立てることができます。

の資格を活かせる美容・健康系の仕事
  • ダイエットインストラクター
  • エステティシャン
  • トレーナー
  • 健康食品を取り扱う会社
  • 医師・看護師・保健師
  • ウェルネス事業 など

ダイエット検定を運営しているのは、日本ダイエット健康協会です。

ダイエット検定の資格を取るとどんなメリットがある?
世の中にダイエットに関する情報はあふれており、その中から正しい情報を取捨選択し、アドバイスをできる人材は貴重ですよね。 今回はダイエットについてアドバイスを行う能力を有するプロフェッショナルアドバイザーと生活アドバイザーの資格を取得できるダイエット検定について紹介します。

【スパイス&ハーブ検定】美容・健康系の仕事におすすめの民間資格

スパイスやハーブは料理の香りつけや味わいを奥深くするために使われることが多いですが、健康や美容をサポートする役割も期待されています。スパイス&ハーブ検定検定は、スパイスとハーブの基礎知識や使用方法などを学ぶことができる資格試験です。

スパイス&ハーブ検定の資格を活かせる健康系の仕事
  • 栄養士・管理栄養士
  • 調理師など飲食店で勤務する人
  • 食品メーカー など

スパイスとハーブに関する知識は仕事に役立てることもできますが、個人の趣味やQOLを上げるきっかけにもなるでしょう。

スパイス&ハーブ検定を主催しているのは、公益財団法人 山崎香辛料振興財団です。

スパイス&ハーブ検定の資格を取るとどんなメリットがある?
スパイスやハーブは、料理の香りづけや健康増進、リフレッシュに活用されます。ヱスビー食品の社内資格にもなっている「スパイス&ハーブ検定」では、スパイスとハーブに関する幅広い知識を習得できます。 この記事では、スパイス&ハーブ検定の1級、2級、3級の違い、試験の出題範囲、受験費用、資格取得に向いている人について解説します。

【薬膳・漢方検定】美容・健康系の仕事におすすめの民間資格

薬膳や漢方は東洋医学的なアプローチで健康をサポートする生薬・食材です。薬膳・漢方検定は、薬膳や漢方に関する正しい知識を習得したい人におすすめの資格です。

健康志向の高まりとともに、薬膳や漢方に興味を持つ人も増えています。薬膳や漢方はさまざまな種類と効能がありますので、学習を始めてみてその奥深さに楽しみややりがいを感じる人も少なくありません。習得した知識は、薬膳や漢方の力を美容や健康に活かすことができるでしょう。

薬膳・漢方検定の資格を活かせる美容・健康系の仕事
  • 栄養士・管理栄養士
  • 調理師など飲食店で勤務する人
  • 食や健康に関するアドバイザー
  • 美容に関するアドバイザー など

薬膳・漢方検定を主催しているのは、一般社団法人 日本漢方養生学協会です。

薬膳・漢方検定の資格を取るとどんなメリットがある?
健康志向や美容への関心がますます高まる中、日々の食事に役立つ知識があると安心ですよね。「薬膳・漢方検定」は、薬膳と漢方の知識を問う民間資格です。 この記事では、薬膳・漢方検定の学習内容や試験の合格率、資格取得のメリットなどを解説します。

まとめ:美容・健康に関する正しい知識を習得すると仕事にもプライベートにも役立つ

美容・健康はこれからの時代でも関心の高いトピックになります。資格取得を通して正しい知識を習得すれば、仕事だけでなくご自身の美容と健康にも役立つでしょう。興味のある分野や仕事で必要なスキルを磨くためにも資格取得を検討してみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました