語学・国際

公的資格のなかの、語学、国際関係の資格の情報をまとめています

やりがい・夢を与える

IMF(国際通貨基金)専門職員の資格を取るとどんなメリットがある?

日本で公共サービスを提供する公務員がいるように、国際舞台にも国際公務員と呼ばれる職員がいます。 この記事では、国際公務員のひとつであるIMF(国際通貨基金)専門職員について紹介。国際貿易や為替相場などに関する業務にあたるIMF専門職員に就職するまでのステップ、必要な能力や実務経験・スキル、年収相場について解説します。
キャリアアップ

キャリアアップ・スキルアップに役立つ英語の資格試験11選

仕事のスキルアップ・キャリアアップのため、英語力が必要になることがありますよね。英語力を証明するにはどの英語資格を取得すればいいのでしょう。 この記事では、技術英検、英検、観光英語、翻訳技能認定試験、公認英会話講師、BATIC、TOPEC、国連英検、英会話検定、TOEIC、TOEFLに関する記事を紹介します。
キャリアアップ

国際連合公用語英語検定試験(国連英検)の資格を取るとどんなメリットがある?

英語に関する資格「国際連合公用語英語検定試験(国連英検)」は国連が主催しており、英語のコミュニケーションスキルを重視した試験です。国連英検を取得すると、どの程度のレベルの英語力、コミュニケーションスキルを証明できるのでしょう。 試験の出題内容や受験費用、受験資格などとあわせて、国連英検の特徴を紹介します。
やりがい・夢を与える

中国語学習者におすすめの資格って?中検・HSK・TECCの違いとは

中国語の学習者が中国語能力を測定する資格試験にチャレンジするとき、どの資格がおすすめなのでしょう。この記事では、中国検定・HSK(漢語水平考試)・中国語コミュニケーション能力検定(TECC)の違いを紹介します。 中国語の語学力アップを目指して学習中の人はチェックしてください。
キャリアアップ

技術英語能力検定(旧:工業英検)の資格を取るとどんなメリットがある?

研究者やエンジニアなど専門的な英語力を必要とする人におすすめなのが、技術英語能力検定(旧:工業英検)です。科学・技術分野で需要が高く、仕事に活かすこともできます。 この記事では技術英検のプロフェッショナル、準プロフェッショナル、1級~3級の難易度、技術英検と工業英検のレベル比較などを解説します。
キャリアアップ

技術英語能力検定(旧:工業英検)の資格を取るとどんなメリットがある?

研究者やエンジニアは国外の論文から情報を取得することが多く、専門的な英語力が必要とされます。技術英語能力検定(旧:工業英検)は、科学・技術分野の英語の語彙や文書理解・作成能力を問う試験です。 この記事では、技術英語能力検定(旧:工業英検)の試験概要や資格取得が役立つ職業などについて紹介します。
公的資格

CILS(イタリア語検定)の資格を取るとどんなメリットがある?

語学力の試験はさまざまありますが、イタリア語には「CILS」というイタリア政府公認の検定があります。 この記事では、CILSの各級のレベル、CILSを取得するとどんなことに役立つかなどを紹介します。
キャリアアップ

新スペイン語技能検定(西検)の資格を取るとどんなメリットがある?

2021年にリニューアルされた新スペイン語技能検定(西検)。この記事では試験概要やDELE(デレ)との違い、級ごとのレベル目安、就職や勉強への活かし方を紹介します。 英語や中国語の学習者は多いものですが、グローバル化の世界においてスペイン語を使える人も重宝されますので、ぜひチェックしてくださいね。
やりがい・夢を与える

実用フランス語技能検定試験(仏検)の資格を取るとどんなメリットがある?

語学力のスキルアップで人気が高いのは英語ですが、フランス語の学習にチャレンジする人も少なくありません。フランス語を学ぶと、ビジネスや趣味の充実につながります。この記事では、フランス語の実用能力に関する試験「実用フランス語技能検定試験(仏検)」について各級のレベルや受験料、どんな職種や業種への就職に役立つか説明します。
やりがい・夢を与える

実用英語技能検定(英検)の資格を取るとどんなメリットがある?

実用英語技能検定は、「英検」と呼ばれることの多い語学検定です。小学生から社会人まで受験者の層は幅広く、自分の能力に見合った級を受検できます。 この記事では、英検の級ごとのレベル、学生が英検取得することのメリット、英検が就職や転職に役立つのかなどを解説していきます。英語のスキルアップを目指す人はチェックしましょう。
タイトルとURLをコピーしました