日本健康マスター検定の資格を取るとどんなメリットがある?

日本健康マスター検定のメリットやりがい・夢を与える
スポンサーリンク

高齢化などによってQOL向上への関心が高まっていますよね。QOLの低下を予防するには、健康に関する正しい知識が必要です。

「日本健康マスター検定」はベーシック・コースとエキスパート・コースに分かれる民間資格で、健康や病気予防に関する知識を習得できます。資格取得のメリットや試験の合格率を解説しますので参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

日本健康マスター検定とは、どんな資格?

日本健康マスター検定とは、「健康リテラシー・ヘルスリテラシー」を測定する民間資格です。健康リテラシー・ヘルスリテラシーとは、健康知識と健康知識を活かすためのスキルのことで、特定の疾病、健康テーマに加えて、健康全般を体系的にカバーする能力を指します。

日本健康マスター検定は、国が策定した「健康日本21」などの健康政策に準拠した試験内容になっています。試験は日本医師会が監修協力・後援をしており、文部科学省、日本歯科医師会、日本看護協会、日本薬剤師会などの健康関連諸団体、自治体の後援を受けています。そのため、日本健康マスター検定の有資格者は、信頼性の高い知識を取得していると見なされます。

日本健康マスター検定は、2種類のコースに分かれています。

ベーシック・コース
  • 目的:自らの健康づくり、健康寿命を伸ばすために必要な、生活習慣改善のための正しい健康知識・ノウハウを習得し、基本的な健康リテラシーを身につけること
  • 対象者:セルフケア(自分自身の健康づくり)への関心やニーズを持つ一般生活者、ビジネスパーソンなど
エキスパート・コース
  • 目的:自らの健康だけでなく、社内の部下、管理対象者や顧客、地域の生活者などに対しても、健康づくりや生活習慣改善のアドバイスを行うための正しい体系的な健康知識・ノウハウを習得し、一定レベルの健康リテラシーを身につけること
  • 対象者:コミュニティケア(他者、集団の健康づくり)にも関与する職域のリーダー、健康知識・ノウハウの仕事活用ニーズを持つビジネスパーソンや職域の管理職級リーダー、地域の健康推進を担うリーダーなど

学ぶ知識・技術

日本健康マスター検定を取得するには、試験に合格する必要があります。

ベーシック・コース(試験時間:60分)
  • 合格基準:正答率75%以上(第一回試験では70%)
  • 出題解答形式:4肢択一マークシート方式
エキスパート・コース(試験時間:80分)
  • 合格基準:正答率75%以上(第一回試験では70%)
  • 出題解答形式:4肢択一マークシート方式

日本健康マスター検定では、下記の内容が出題されます。問題は、『日本健康マスター検定公式テキスト 増補改訂第2版』をベースとし、「健康日本21」など国の指針に準拠しています。

  • 健康リテラシーの重要性
  • 食生活と健康
  • 嗜好の見直し
  • 運動と健康
  • 睡眠と心の健康
  • がん対策
  • 救急の知識
  • 高齢の家族の健康
  • 女性の健康
  • 口の健康
  • 感染症の予防
  • 健康を支える仕組み
  • 健康の啓発(エキスパートのみ)

日本健康マスター検定 公式テキスト渡航式教材

日本健康マスター検定では公式テキストが出版されており、試験対策として推奨されています。

『日本健康マスター検定 公式テキスト 増補改訂第2版2刷』
  • 販売価格:2,900円(税別)
  • 編集発行:日本健康生活推進協会

公式テキストのほか公式教材も発売されていますので、過去問や解説を確認することもできます。

『公式教材 過去問・解答解説 厳選104問&試験対策 要点ポイント集』
  • 販売価格:2,420円(税込)
  • 制作協力 株式会社NHK エデュケーショナル

日本健康マスター検定で目指せる職業、就職先は?

日本健康マスター検定を取得したことが直接的に就職や転職を有利にすることはあまりありませんが、受検を通して得た知識は下記の業種や職種の仕事に役立つでしょう。

  • 健康食品業界
  • フィットネス・スポーツジム業界
  • 美容関連業界
  • 保険サービス業界

日本健康マスター検定を取得するとどんな悩みが解決できる?

日本健康マスター検定を取得すると、下記の悩みや課題の解決に貢献できます。

日本健康マスター検定が解決できること
  • 日々の健康維持をサポートできる
  • 健康への意識向上を促進する
  • 社会にあふれる健康情報の中から正しい情報を選ぶことができる

日本健康マスター検定の資格を取れる人はどんな人?(取得条件・受験資格)

日本健康マスター検定の受検資格に制限はありません。受検申込時に、日本健康マスター検定HPで会員登録を行ってください。ベーシック・コースとエキスパート・コースの試験を同じ日程で受験することも可能です。

取得にかかる費用

日本健康マスター検定の受検料は、下記のように定められています。

  • ベーシック・コース:5,500円(税込)
  • エキスパート・コース:8,800円(税込)

日本健康マスター検定試験の日程

日本健康マスター検定は、年に三回試験が実施されます。

日本健康マスター検定はどんな人におすすめの資格?

日本健康マスター検定の合格率は、ベーシック・コースの目安は70〜80%、エキスパート・コースの目安は50〜60%です。合格者は、「健康マスター」の資格が取得できます。

ウェルネス業界で働く人や企業の人事・労務担当者は、日々の仕事に日本健康マスター検定で得た知識を活かすことが期待されます。また、ご自身や家族の健康をサポートしたい人にとっても、役に立つ知識が得られる検定といえるでしょう。

日本健康マスター検定の資格取得がおすすめな人
  • ウェルネス業界で働く人
  • 人事・労務担当者
  • 自分や家族の健康維持に関心がある人

どこが管理している資格なの?(問い合わせ先・管理団体)

日本健康マスター検定を主催しているのは、一般社団法人 日本健康生活推進協会です。試験の詳細や申込については下記HPから確認してください。

▼ 一般社団法人 日本健康生活推進協会

まとめ:日本健康マスター検定でQOL

高齢化社会ではロコモやサルコペニア、その他の心身の不調をいかにして予防・改善するかがQOL向上や健康寿命に関わります。日本健康マスター検定の資格取得を通して、健康に関する知識を深めてみてはいかがでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました