旅行業務取扱管理者の資格を取るとどんなメリットがある?

資格を持った旅行代理店店員がお客さんにプランを案内しているやりがい・夢を与える
この記事は約4分で読めます。

旅行業界で唯一の国家資格である「旅行業務取扱管理者」をご存知でしょうか?今回は、この旅行業務取扱管理者とはどんな仕事を担当するのか、資格の取得方法や取得によるメリットなどをご紹介していきます。

旅行業務取扱管理者とは、どんな資格?

旅行業務取扱管理者とは、旅行業界唯一の国家資格です。旅行契約に関する事務や旅行の企画、旅程管理業務に関する事項等の管理・監督を行う職種で、旅行業法では、営業所ごとに最低1人以上の有資格者を選任することが義務付けられています。

旅行業務取扱管理者の具体的な仕事内容は、以下の通りです。

  • お客様に旅行の申込み内容を説明し、契約を交わす
  • 旅行プランの作成を管理・監督する
  • 宿や乗り物の予約・手配などを管理・監督する
  • 旅行者の苦情に対応する
  • 旅行に関する広告が適切か管理する
  • 料金表の掲示のチェック
  • 重要書類を保管する

なお、旅行業務取扱管理者は取り扱える業務範囲によって、次の3種類の資格に分けられます。

総合旅行業務取扱管理者
国内・海外旅行の両方を取り扱える
国内旅行業務取扱管理者
国内旅行のみを取り扱える
地域限定旅行業務取扱管理者
営業所の拠点区域内限定の旅行を取り扱える

学ぶ知識・技術

旅行業務取扱管理者になるには、旅行業務取扱管理者に国家試験に合格する必要があり、試験では下記の知識・技術が問われます。

総合旅行業務取扱管理者試験
  • 旅行業法及びこれに基づく命令
  • 旅行業約款、運送約款及び宿泊約款
  • 国内旅行実務
  • 海外旅行実務
国内旅行業務取扱管理者試験・地域限定旅行業務取扱管理者試験
  • 旅行業法及びこれに基づく命令
  • 旅行業約款、運送約款及び宿泊約款
  • 国内旅行実務

旅行業務取扱管理者で目指せる職業、就職先は?

旅行業務取扱管理者の資格を取得していると、下記のような就職・転職先が有利に目指せるようになります。

旅行会社
資格を持っていると「旅行業に関して必要な知識を持っている」とみなされ、就職が有利になります。特に新卒採用では、多くの学生が資格を未取得なので、差別化も図れるでしょう。営業所には有資格者の配置が必須なので、資格取得は強いアピールになります。

旅行業務取扱管理者になるとどんな悩みが解決できる?

旅行業務取扱管理者になると、下記のような悩みを解決できるようになります。

旅行業務取扱管理者が解決できること
  • 旅行客の要望やニーズに合った旅行プランを企画・提案できる
  • 宿泊施設や鉄道等の手配、アフターフォローを徹底することで、旅行客の満足度を高く維持できる
  • 旅行会社の支店長クラスに昇進する際には必須の資格になるため、キャリア&給与アップのチャンスにつながる
  • 扱える業務の範囲がかなり広がり、スキルアップにつながる

旅行業務取扱管理者の資格を取れる人はどんな人?(取得条件・受験資格)

旅行業務取扱管理者の資格を取るには、旅行業務取扱管理者の国家試験に合格する必要がありますが、この試験は年齢や学歴・実務経験を問わずどなたでも受験できます。

国内旅行業務取扱管理者試験は合格率が約40%と高く、旅行会社への就職を目指す人の足がかりとしておすすめの試験です。

取得にかかる費用

旅行業務取扱管理者試験の受験にかかる費用は、下記の通りです。

総合旅行業務取扱管理者試験
6,500円
国内旅行業務取扱管理者試験
5,800円
地域限定旅行業務取扱管理者試験
5,500円

旅行業務取扱管理者はどんな人におすすめの資格?

旅行業務取扱管理者は、旅行契約に関する事務や旅行の企画、旅程管理業務に関することを全般的に手がける、旅行系職種のプロフェッショナルです。旅行好きな人や穴場の旅行スポットの発掘に興味のある人はもちろん、下記のような人にもおすすめの資格になります。

旅行業務取扱管理者の資格取得がおすすめな人
  • 旅行会社への就職・転職を有利に進めたい人
  • 旅行業界でのキャリア&給与アップを目指している人
  • 将来的に独立し、旅行会社を企業したい人

どこが管理している資格なの?(問い合わせ先・管理団体)

旅行業務取扱管理者の国家試験を実施し、資格を管理しているのは「一般社団法人 日本旅行業協会」です。その年の試験日程や会場、受験申請に必要な手続きや期限などについては、下記の公式HPからご確認ください。

▼ 一般社団法人 日本旅行業協会

まとめ:旅行業界でのキャリアアップを目指すなら、「旅行業務取扱管理者」は必須の資格!

旅行業務取扱管理者には、国内・海外旅行両方を手がける「総合旅行業務取扱管理者」、国内旅行を手がける「国内旅行業務取扱管理者」、特定の地域に密着した旅行を手がける「地域限定旅行業務取扱管理者」の3種類があります。いずれも紹介するエリアが異なるので、違ったやりがいがありますが、資格取得の第一歩としては合格率の高い国内旅行業務取扱管理者試験」からチャレンジするのがおすすめです。旅行業界で着実にキャリアを積んでいきたい方は、ぜひトライを!

関連記事:全国通訳案内士の資格を取るとどんなメリットがある?

コメント

タイトルとURLをコピーしました