ドローン操縦士回転翼3級の資格を取るとどんなメリットがある?

ドローン操縦士回転翼3級と仕事やりがい・夢を与える

ドローンは産業や農業、医療など幅広い分野で役立つ技術です。ドローン操縦士の需要も高まり、たしかなスキルを持った人材が重宝されています。ドローン操縦に関する資格を取得すると、安全操縦のための知識を技術を習得していることの証明になります。

この記事では、ドローン操縦士回転翼3級について講座で学ぶ内容や受講資格などを紹介します。

ドローン操縦士回転翼3級とは、どんな資格?

ドローン操縦士回転翼3級とは、回転翼航空機の飛行に必要な基礎知識と操縦する基本技術を認定する試験です。この資格は、最先端で安全なドローン活用を実現することを目的に、2016年にDPAの認定資格として始まりました。

主にドローン操縦の初心者を対象とし、講座受講を通して下記の能力を認定します。

  • 小型無人航空機を安全に飛行させるために必要な基礎知識
  • 小型無人航空機を安全に操縦する基本技能

ドローン操縦士回転翼3級の大きな特徴は、認定資格を最短2日間(最短7時間)で取得可能な点です。国土交通省に認められたカリキュラムを、完全マンツーマン指導で進めます。そのため、未経験者でも短期間で、ドローンの操作技術を習得できるというメリットがあります。

認定資格の有効期限は、オンライン講座の確認テスト修了日から2年間と定められています。更新を希望する人は手続きが必要です。

学ぶ知識・技術

ドローン操縦士回転翼3級を取得するためには、講座の受講と資格申請が必要です。講座は、オープンコースとアドバンスコースがあります(コース名は認定校によって異なる場合があります)。

オープンコース
ドローン操縦に関する基礎を習得するコース。安全操縦技術、ドローンの仕組みや構造、メンテナンス方法、航空法などを学習する
アドバンスコース
ビジネスで使えるドローン技術を習得するコース。

  1. 10時間以上の飛行経験
  2. 実技・筆記試験の合格

アドバンスコースの上記2項目に合格すると、DPA回転翼3級の申請が可能になる

DPAへの資格申請の流れは、下記のようになります。

  1. DPAウェブサイトにて技能会員(個人)に登録
  2. 年会費を入金
  3. オンライン講座を受講
  4. ドローン操縦士回転翼3級のDPA認定資格証明書が発行される

ドローン操縦士回転翼3級で目指せる職業、就職先は?

ドローン操縦士回転翼3級を取得すると、ドローン操縦士として働く際に、安全な操縦のための知識と技術を習得していることを証明できます。

ドローン操縦士回転翼3級を取得するとどんな悩みが解決できる?

ドローン操縦士回転翼3級を取得すると、下記の悩みや課題の解決に貢献できます。

ドローン操縦士回転翼3級が解決できること
  • 国交省への飛行申請許可申請の一部を簡略化できる
  • ドローンの安全操縦に必要な基礎知識と技術が身に付く

ドローン操縦士回転翼3級の資格を取れる人はどんな人?(取得条件・受験資格)

ドローン操縦士回転翼3級を取得するためには、下記の認定要件を満たす必要があります。

  • 15歳以上であること
  • 視力が両眼で0.7以上且つ片目0.3以上であること(矯正可)
  • 赤色、青色及び黄色の識別ができること
  • 10時間以上の飛行経験を有すること
  • 実用知識(学科)・技能(実技)試験に合格していること
  • オンライン講座「安全運航管理基礎講座」を受講・修了していること

取得にかかる費用

ドローン操縦士回転翼3級の受講費用は、認定校によって異なります。受講費用の目安は20万~25万円です。受講料のほか、認定料や会員証発行手数料が必要です。

技能認定料(ライセンス認定料)
25,000円
技能会員証発行手数料(ライセンス更新認定料)
12,000円
ライセンスカード追記・再発行手数料
6,000円

ドローン操縦士回転翼3級講座の日程

ドローン操縦士回転翼3級の講座の開講日程は、各認定校によって異なります。入校を希望する学校のHPから確認してください。

ドローン操縦士回転翼3級はどんな人におすすめの資格?

ドローン操縦士回転翼3級は、ドローン操縦に関する基礎知識や技術を習得できる資格試験です。マンツーマンの指導を受けながら学習を進められますので、初心者でもチャレンジしやすいでしょう。最短2日間で資格を取得できることから、資格取得のための時間の確保が難しい人にもおすすめです。

ドローン操縦士回転翼3級の資格取得がおすすめな人
  • ドローン操縦の初心者
  • 安全操縦のための知識を技術を習得したい人
  • 短期間でドローン操縦関連資格を取得したい人

どこが管理している資格なの?(問い合わせ先・管理団体)

ドローン操縦士回転翼3級の資格を管理しているのは、DPA(一般社団法人 ドローン操縦士協会)です。講座を開講しているのは、DPAが認定する各認定校です。入校の申込や詳細は、各認定校のHPで確認してください。

▼ DPA(一般社団法人 ドローン操縦士協会)

まとめ:ドローン操縦士回転翼3級は初心者や時間がとれない人におすすめ

ドローン操縦士回転翼3級は、認定校でマンツーマン指導の講座を受講し、資格申請することで取得できます。初心者がドローン操縦に関する基礎的な知識や技術を習得するのにおすすめです。最短2日で取得できることから時間がとれない人もチャレンジしやすい資格といえるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました