JUIDAドローン資格を取るとどんなメリットがある?

JUIDAドローン資格とドローン操縦使える民間資格
スポンサーリンク

ドローン操縦士は比較的新しい職業で、これからますます人気と需要が高まることが予想されますよね。ドローン操縦士を目指す人におすすめの資格「JUIDAドローン資格」をチェックしていきましょう。

JUIDAドローン資格の「JUIDA無人航空機操縦士」「JUIDA無人航空安全運航管理者」の違い、受講内容、受講資格などを紹介します。

スポンサーリンク

JUIDAドローン資格とは、どんな資格?

JUIDAドローン資格とは、JUIDA認定スクールの講座を修了した操縦士が取得できる資格です。講座修了者には、「無人航空機操縦技能証明証」が交付されます。

JUIDA認定スクールは、無人航空機運航上の安全に関わる知識と高い操縦技能を有する人材の養成を目的とし、2015年10月からスタートしました。JUIDAは日本初の無人航空機の操縦士および安全運航管理者養成スクールの認定制度であり、累計で下記の修了者を輩出しています。

  • 操縦技能者:18,000人以上
  • 安全運航管理者:16,000人以上
  • 認定講師:1,500人以上

JUIDAは2017年6月から、所要の要件を満たす管理団体として国土交通省航空局HPに掲載されています。JUIDAドローン資格証明証保有者は、航空局の無人航空機飛行申請手続きの際に必要な一部書式の提出について免除を受けられます。

JUIDAドローン資格には、JUIDA無人航空機操縦士とJUIDA無人航空安全運航管理者があります。

JUIDA無人航空機操縦士
無人航空機を安全に飛行させるための知識と操縦技能を有する者
JUIDA無人航空安全運航管理者
無人航空機の運航に関わる十分な安全と法律の知識を有し、飛行業務の安全を管理する者

資格取得者が交付される証明証には期限があります。交付日から2年後に失効期限を迎えますので、更新の手続きが必要です。

学ぶ知識・技術

JUIDA無人航空機操縦士の取得には「操縦技能コース」、JUIDA無人航空安全運航管理者の取得には「安全運航管理者コース」の受講が必要です。

操縦技能コース

座学
  1. UAS概論(歴史・機種・原理、他)
  2. 法律・ルール
  3. 自然科学(気象・電波)
  4. 技術(構造・制御、他)
  5. 運用(安全・禁止、他)
実技
  1. 点検
  2. 手動操縦
  3. 自動航行
修了試験
座学・実技

安全運航管理者コース

座学
  1. 安全管理の考え方
  2. 機体・操縦・運用体制の安全
  3. リスクアセスメント、ハザード
修了試験
座学のみ

JUIDAドローン資格で目指せる職業、就職先は?

JUIDAドローン資格を取得すると、ドローン操縦士として働く際に、操縦に必要な知識や技術を習得していることの証明になります。農業の薬品散布や空撮カメラマンなど、ドローン操縦士の求人に応募するときの客観的証明として役立てることができるでしょう。

JUIDAドローン資格を取得するとどんな悩みが解決できる?

JUIDAドローン資格を取得すると、下記の悩みや課題の解決に貢献できます。

JUIDAドローン資格が解決できること
  • 国交省への飛行申請許可申請を簡略化できる
  • ドローン操縦に関する法律遵守意識を浸透させる
  • ドローンの安全操縦に必要な知識と技術が身に付く

JUIDAドローン資格の資格を取れる人はどんな人?(取得条件・受験資格)

JUIDA認定スクールの講座の受講資格は、下記のように定められています。

JUIDA無人航空機操縦士
  • 16歳以上(未成年は親権者同意書が必要)
  • JUIDA認定スクール修了者 (3ヶ月以内)
  • JUIDAの個人会員であること (正会員または準会員)
JUIDA無人航空安全運航管理者
  • 18歳以上
  • JUIDA認定スクール修了者 (3ヶ月以内)
  • JUIDAの個人会員であること (正会員または準会員)
  • 操縦技能証明証保有者

取得にかかる費用

JUIDA認定スクールの受講費用は、スクールによって異なります。受講費用の目安は、20万~30万です。

また、認定には受講費用のほかに入会費・年会費の支払いが必要です。

準会員
  • 入会費:5,000円(学生およびJUIDA認定スクール修了生は入会金免額)
  • 年会費:5,000円
正会員(個人)
  • 入会費:50,000円
  • 年会費:10,000円

JUIDAドローン資格試験の日程

JUIDA認定スクールは、全国に260校以上あります。日程はそれぞれのスクールで異なりますので、入校を希望するスクールの日程を確認してください。

JUIDAドローン資格はどんな人におすすめの資格?

JUIDAドローン資格は、ドローン操縦士を目指す人におすすめの資格です。ドローン操縦士になるには、特別な資格は必須ではありません(2021年現在)。しかし、安全操縦や法令遵守ができるドローン操縦士になるためには、スキルアップと知識の習得が欠かせません。

信頼されるドローン操縦士になりたい人は、JUIDA認定スクールなどで操縦技術と知識を身に付けるのがおすすめです。

JUIDAドローン資格の資格取得がおすすめな人
  • スクールでしっかりとドローン操縦技術を習得したい人
  • 信頼されるドローン操縦士を目指す人
  • 責任を持って、安全操縦ができる人
  • 法令遵守意識の高い人

どこが管理している資格なの?(問い合わせ先・管理団体)

JUIDAドローン資格は、一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)が管理しています。認定スクール入校の詳細や申込については、下記HPから確認してください。

▼ 一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)

まとめ:信頼される技術と知識を習得したドローン操縦士になろう

ドローン操縦士は人気が高まりつつある職業です。プロフェッショナルとして信頼を得るためには、技術と知識が必要になるでしょう。ドローン操縦士を目指す人は、認定スクールなどで技術と知識を習得すると安心ですよ。

 

DJI Mavic 3 高性能フラッグシップドローン 4/3型 【国内正規品】
CMOS Hasselbladカメラ搭載。5.1K動画撮影可能。全方向障害物検知。評価の高い「Mavic2」を超える機体と人気の機種。ドローン初心者も扱いやすく、ベテランも満足できる性能です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました