航空特殊無線技士の資格を取るとどんなメリットがある?

航空特殊無線技士の仕事やりがい・夢を与える
スポンサーリンク

国家資格の無線従事者免許のひとつに「航空特殊無線技士」があります。この記事では航空特殊無線技士試験の難易度や合格率、航空特殊無線技士の仕事内容とできること、受験資格などを解説します。

無線に関する資格取得に興味がある人はチェックしてくださいね。

スポンサーリンク

航空特殊無線技士とは、どんな資格?

航空特殊無線技士とは、国内で自家用飛行機や小型飛行機、ヘリコプターなど航空機の無線設備を操作することを認める国家資格です。

航空特殊無線技士ができることは下記の通りです。

  • 航空機(航空運送事業の用に供する航空機を除く)に施設する無線設備の国内通信のための操作を行うことができる
  • 航空局(航空交通管制の用に供する航空局を除く)の無線設備の国内通信のための操作を行うことができる

航空特殊無線技士が操作できる航空機の無線設備は、以下のものが対象です。

  1. 50W以下の25,010kHz以上の電波を使用するもの
  2. 航空交通管制用トランスポンダ(①のもの以外のもの)
  3. レーダー(①のもの以外のもの)

航空特殊無線技士が操作できる航空局の無線設備は、以下のものが対象です。

  1. 50W以下の25,010kHz以上の電波を使用するもの
  2. レーダー(①のもの以外のもの)

学ぶ知識・技術

航空特殊無線技士になるには、養成課程を修了するか試験に合格する必要があります。試験では下記の科目から問題が出題されます。

試験科目(多肢選択式)
  • 無線工学
  • 法規
  • 電気通信技術

航空特殊無線技士で目指せる職業、就職先は?

航空特殊無線技士の資格を取得すると、自家用飛行機や小型飛行機、ヘリコプターのパイロットとして就職・転職が見込めます。仕事内容は人の運搬、測量や農薬散布、報道用航空機などです。

ただし仕事として航空機の操縦をしたい場合は、航空無線通信士の資格取得を目指すのがおすすめです。

航空特殊無線技士の資格を取得するとどんな悩みが解決できる?

航空特殊無線技士の資格を取得すると、下記の悩みや課題の解決に貢献できます。

航空特殊無線技士が解決できること
  • 電波利用についての知識を習得できる
  • 就職や進学に役立つ
  • 飛行機を使って産業などに貢献できる

航空特殊無線技士の資格を取れる人はどんな人?(取得条件・受験資格)

航空特殊無線技士の試験の受験資格に制限はありません。

取得にかかる費用

航空特殊無線技士の試験の受験費用は、6,400円です。

航空特殊無線技士試験の日程

航空特殊無線技士試験は例年、年に三回実施されます。

航空特殊無線技士はどんな人におすすめの資格?

アマチュアパイロットとして飛行機などを操縦したい場合、資格取得にチャレンジするのがおすすめです。

航空特殊無線技士の試験の合格率は75~80%ほどで、国家試験の中では比較的易しい試験といえます。試験に不安がある人は養成講座を受講すると安心でしょう。

航空特殊無線技士の資格取得がおすすめな人
  • アマチュアパイロットとして飛行機を操縦したい人
  • 無線通信設備に関する知識を深めたい人
  • 機械が好きな人

どこが管理している資格なの?(問い合わせ先・管理団体)

航空特殊無線技士の試験を管理しているのは、公益財団法人 日本無線協会です。試験の詳細や申込については下記HPから確認してください。

▼ 公益財団法人 日本無線協会

まとめ:航空特殊無線技士はアマチュアパイロットを目指す人におすすめ!

航空特殊無線技士は、自家用飛行機や小型飛行機などに関する無線設備の操作をすることができ、アマチュアパイロットになりたい人におすすめの国家資格です。難易度は易しめですが、試験に向けてしっかりと準備してくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました