船舶

船舶(船)に関する資格についてまとめています。

収入アップ

機関当直3級海技士(機関)の資格を取るとどんなメリットがある?

船が運航するには、ボイラーや発電装置、ポンプなどの機関が正常に作動し続けることが必要不可欠ですが、これを陰で支えるプロフェッショナルが「機関当直3級海技士(機関)」です。具体的な仕事内容や役割、資格の取得方法などを以降で紹介していきます。
やりがい・夢を与える

水先人の資格を取るとどんなメリットがある?

船舶は、生活に必要な物品を運送したり人を乗せて海を航海しています。しかし海は水域ごとに特徴があり、一歩間違うと大事故につながります。船舶の安全性や効率性を支える「水先人」という資格があり、海の安全が守られています。 この記事では水先人の国家資格について、養成校の履修内容や試験、仕事の将来性などについて説明します。
キャリアアップ

内燃機関海技士の資格を取るとどんなメリットがある?

海で働く業種はさまざまありますが、船舶の乗組員として専門的な仕事をするには資格が必要となりますが、どんな資格が必要なのでしょう。 。航海や船舶の装置の運転には、専門性の高い知識や技術が求められます。 今回は、内燃機関海技士という資格について、取得方法や試験の種類、費用を説明していきます。
やりがい・夢を与える

海技士(航海)の資格を取るとどんなメリットがある?

大型客船の船長や航海士を目指す人にとって、取得が必須の国家資格が「海技士(航海)」です。今回は海技士(航海)とはどんな仕事を担当する資格か、取得方法や取得のメリットなどをお伝えしていきます。
やりがい・夢を与える

海技士(機関)の資格を取るとどんなメリットがある?

船舶が海難事故に遭わず、安全に運航をするためには、船に搭載されている機器の運転・管理を正確に行う必要があります。そんな船のエンジニア職が「海技士(機関)」です。具体的な仕事内容や資格の取得方法などを、以降で紹介していきます。
やりがい・夢を与える

海技士(通信・電子通信)の資格を取るとどんなメリットがある?

海での遠洋漁業の際には大型船舶が運航されますが、大型船舶の船舶職員になるために必要な国家資格が「海技士」です。この海技士の資格は複数の職域に分けられていますが、今回は通信・電子通信を専門とする海技士について、仕事内容や資格の取得方法などを紹介していきます。
キャリアアップ

船内荷役作業主任者の資格を取るとどんなメリットがある?

港には、日々多くの船が出入りし、たくさんの貨物が船から降ろされ、積み込まれています。こうした荷役作業を安全に行うために欠かせない現場責任者が、「船内荷役作業主任者」です。具体的な仕事内容や資格の取得方法、取得後のメリットなどを紹介していきます。
やりがい・夢を与える

船舶に乗り組む衛生管理者の資格を取るとどんなメリットがある?

長い船旅には、船員の健康管理をする存在が必要不可欠ですが、その役割を担うのが「船舶に乗り組む衛生管理者」です。この船舶に乗り組む衛生管理者とはどんな資格か、業務内容や資格の取得方法、取得によるメリットを紹介していきます。
やりがい・夢を与える

小型船舶操縦士の資格を取るとどんなメリットがある?

海が好きな人やマリンスポーツを趣味とする人は、自分でボートを操縦することが夢でもありますよね。今回は小型船舶操縦士の資格取得方法を説明し、趣味のほかにどんな仕事に資格を活かせるか、資格取得までの勉強方法などを解説します。
やりがい・夢を与える

船橋当直3級海技士(機関)の資格を取るとどんなメリットがある?

大型船舶が安全な航海をするには、船のエンジンや発電機の正常な運転をチェックすることが欠かせません。それを支える「船橋当直3級海技士(機関)」という資格について、具体的な仕事内容や資格の取得方法を紹介していきます。
タイトルとURLをコピーしました