船橋当直3級海技士(機関)の資格を取るとどんなメリットがある?

機関長の指示の下、甲板で作業をする海技士やりがい・夢を与える
この記事は約4分で読めます。

大型船舶が安全な航海をするには、船のエンジンや発電機の正常な運転をチェックすることが欠かせません。それを支える「船橋当直3級海技士(機関)」という資格について、具体的な仕事内容や資格の取得方法を紹介していきます。

船橋当直3級海技士(機関)とは、どんな資格?

海技士とは、20t以上の大型船舶の船舶職員として乗り組むために必要な免許状のことで、国家資格の一つです。海技士資格は「航海」「機関」「通信」「電子通信」の4分野に分けられており、このうち「機関」分野に合格した人は、「機関士」として仕事をすることができます。さらに、機関分野の免許は「海技士(機関)」と「船橋当直3級海技士(機関)」の2種類に分けられ、ここでは後者についてわかりやすく説明していきます。

船橋当直3級海技士(機関)は、船の最高責任者である機関長の指示に基づき、次のような仕事を担当します。

  • 数人の機関士とともにエンジン、発電機、ボイラーなどを管理し、正常運転を維持する
  • 出入港時のエンジンの操縦
  • 航海中の運転状況の確認
  • 各種の計測装置を読み取り、機関室の機器の状態を定期的にチェックする
  • 停泊中に次の航海に備えて各機関の整備を行い、燃料や消耗品などを補給する

なお、類似資格の「機関当直3級海技士(機関)」とは担当箇所が異なります。機関当直3級海技士(機関)は機関部での業務を担当しますが、船橋当直3級海技士(機関)は船舶の前部の甲板に設けたブリッジと呼ばれる場所での業務を担当します。

学ぶ知識・技術

船橋当直3級海技士(機関)になるには、国家試験に合格する必要があります。学科試験(筆記・口述)に合格するために必要な知識は、下記の通りです。

機械に関する知識
  • 出力装置
  • プロペラ装置
  • 補機
  • 電気工学
  • 電子工学と電子設備
  • 自動制御装置
  • その他
執務に関する知識
  • 当直と保安
  • 機関一般
  • 船舶の環境汚染防止
  • 応急医療
  • その他

なお、国家試験に合格するには、身体検査で視力、色覚、聴力などの項目もクリアする必要があります。

船橋当直3級海技士(機関)で目指せる職業、就職先は?

船橋当直3級海技士(機関)の資格取得後は、次の就職先・職業を目指せるようになります。

  • 船舶乗務員
  • 船舶操縦士
  • 海運会社
  • 物流会社
  • 通関業
  • 自衛隊 など

船橋当直3級海技士(機関)になるとどんな悩みが解決できる?

船橋当直3級海技士(機関)になると、自身の知識やスキルを活かして、下記のような悩み・問題が解決できます。

船橋当直3級海技士(機関)が解決できること
  • 航海中、交代で24時間、船のエンジンやボイラーなどの整備・操作を続けることで、安全な運航をサポートする
  • 機関室の機器のチェック・補充を細かく行うことで、突然の故障や事故を防ぐ

船橋当直3級海技士(機関)の資格を取れる人はどんな人?(取得条件・受験資格)

船橋当直3級海技士(機関)の資格を取得するには、海技士国家試験に合格する必要があり、受験するには下記の条件を満たさなければなりません。

船橋当直3級海技士(機関)の受験資格

  • 19歳9ヶ月以上(免許年齢は20歳)
  • 試験開始前の15年間で所定の乗船履歴がある人

取得にかかる費用

船橋当直3級海技士(機関)の受験にかかる費用は、以下の通りです。

学科試験(筆記)
5,400円
学科試験(口述)
5,500円
身体検査
870円

船橋当直3級海技士(機関)はどんな人におすすめの資格?

船橋当直3級海技士(機関)は、次のような人に取得がおすすめの資格です。

船橋当直3級海技士(機関)の資格取得がおすすめな人
  • 大型船舶の乗組員になりたい人
  • 機関士を目指している人
  • 細かい部分にまで気を配る注意深さがある人
  • 比較的収入の高い専門職に就きたい人(平均年収は600万円)

どこが管理している資格なの?(問い合わせ先・管理団体)

海技士の資格を管理しているのは国土交通省で、国家試験を実施しているのは各地方運輸局です。試験は例年2月、4月、7月、10月に実施されますが、その年の試験日程や試験会場などについては、お住まいのエリアの地方運輸局のHPからご確認ください。

▼ 国土交通省

まとめ:機関士としてキャリア形成をしたいなら、船橋当直3級海技士(機関)の資格取得を

船橋当直3級海技士(機関)になるには、長年のキャリアが必要ですが、実務経験を積みながら資格を取得できれば、給与アップが見込めます。機関士だけでなく機関長を将来的に目指している人は、資格取得に向けてチャレンジを。

コメント

タイトルとURLをコピーしました