ボイラー整備士の資格を取るとどんなメリットがある?

点検をするボイラー整備士やりがい・夢を与える
この記事は約3分で読めます。

ビルや工場、病院などの大規模施設の冷暖房の熱源を司っているのが「ボイラー」ですが、このボイラーの安全性を保つのに欠かせない「ボイラー整備士」という国家資格をご存知でしょうか。今回はボイラー整備士とはどんな資格か、仕事内容や資格の取得方法、取得によるメリットなどをお伝えしていきます。

ボイラー整備士とは、どんな資格?

ボイラー整備士とは、蒸気や温水を作り出すボイラー(一定規格以上)や第一種圧力容器の掃除や整備業務を手掛ける専門職です。お風呂を沸かす給湯システム、大型建物の暖房・冷房の熱源など、ボイラーは私たちの生活に密接に関係しており、これらの機器に不備や故障が見られたときにボイラー整備士が活躍します。

具体的な仕事内容は、以下の通りです。

  • ボイラーや第一種圧力容器の点検・交換
  • ボイラーや第一種圧力容器の内部を分解し、清掃する
  • ボイラーや第一種圧力容器の整備をし、安全動作を確保する(ボイラーを停止させて水を出すなど)

学ぶ知識・技術

ボイラー整備士になるには、資格試験に合格するために、下記の知識を習得しておく必要があります。

  • ボイラー及び第一種圧力容器の整備の作業に関する知識
  • ボイラー及び第一種圧力容器の整備の作業に使用する器材、薬品等に関する知識
  • 関係法令
  • ボイラー及び第一種圧力容器に関する知識

ボイラー整備士で目指せる職業、就職先は?

ボイラー整備士の資格があると、主にメンテナンス会社での就職が有利に進みやすくなります。

近年はボイラーの稼働状態をPCで常時監視するスタイルのため、異常を感知した時にメンテナンス会社に通知が届き、工場、ホテル、病院、学校などのボイラー設備がある場所に駆けつけることになります。

ボイラー整備士になるとどんな悩みが解決できる?

ボイラー整備士になると、下記のような悩み・問題の解決に役立てるようになります。

ボイラー整備士が解決できること
  • ボイラー技士が点検時に不備を発見した際、代わりに整備作業を行い、ボイラー技士が安全の業務を遂行できるようサポートする
  • 工場やビル、病院、施設などメンテナンスの業務請負をしている現場で、ボイラー関連の異常が起きた時、速やかに駆けつけ対処し、事故を未然に防ぐ

ボイラー整備士の資格を取れる人はどんな人?(取得条件・受験資格)

ボイラー整備士の国家資格を取得するには、試験に合格する必要があります。この試験は、年齢や学歴、職歴を問わずどなたでも受験できます(ただし、本人確認証明書の添付が必要)。

取得にかかる費用

ボイラー整備士試験の受験にかかる費用は、6,800円です。

ボイラー整備士はどんな人におすすめの資格?

ボイラー整備士は、下記のような人におすすめの資格です。

ボイラー整備士の資格取得がおすすめな人
  • ボイラー技士(特級、一級、二級)免許を取得している人(試験科目が一部免除されます)
  • ボイラー整備のプロとしてキャリアや年収をアップさせたい人
  • 求人数の多い専門職に就きたい人
  • 几帳面な性格で、機械いじりが好きな人

どこが管理している資格なの?(問い合わせ先・管理団体)

ボイラー技士の国家資格を管理し、試験を実施しているのは「公益財団法人 安全衛生技術試験協会」です。試験は例年2月、6月、10月に行われますが、その年の試験日程や試験会場、申請に必要な手続きについては、下記の公式HPからご確認ください。

▼ 公益財団法人 安全衛生技術試験協会

まとめ:ボイラー整備士は中高年以降でも就職が見込める資格!

ボイラー整備士の平均年収は約400万円と、一般的なサラリーマンとそこまで変わりませんが、他業種と比べて年齢制限が比較的ゆるく、中高年以降になっても就職が見込める職種です。資格試験は誰でも受けられるので、興味のある人はぜひ取得に向けてチャレンジを。

コメント

タイトルとURLをコピーしました