航空工場検査員の資格を取るとどんなメリットがある?

飛行機の整備や修理を行う航空工場検査員やりがい・夢を与える
この記事は約3分で読めます。

航空機が日々事故を起こさず、安全に運行できているのは、陰で「航空工場検査員」が活躍しているからです。今回はこの航空工場検査員とはどんな資格か、具体的な仕事内容や資格の取得方法などを紹介していきます。

航空工場検査員とは、どんな資格?

航空工場検査員とは、製造・修理された航空機や航空機用機器を検査し、その品質や安全性をチェックする経済産業省管轄の国家資格です。

航空機は少しのチェックミスで大事故を引き起こしかねないため、航空機の製造や整備では、必ず航空工場検査員の認可が必要です。製造過程の最終確認や、飛行機を安全に保つための修理補修工場での検査を行うことが、主な仕事内容になります。

なおこれまで、航空工場検査員の資格を取得するには、航空工場検査員国家試験に合格することが条件でしたが、航空機産業の技術進歩の環境変化を踏まえて2019年に資格要件が改正され、国家試験は廃止されました。現在の資格取得条件については、「航空工場検査員の資格を取れる人はどんな人?」の項で紹介します。

学ぶ知識・技術

航空工場検査員の資格を取得するには、「航空機・航空機用機器の製造・修理に関する知識や技術」が必要になります。航空関連企業の社内研修や実務経験を通じて、地道に習得していきましょう。

航空工場検査員で目指せる職業、就職先は?

航空工場検査員として活躍できる主な就職先は、下記の通りです。

  • 航空機整備系列会社
  • 航空機本体や航空部品の製造会社
  • 航空機関連メーカー など

航空工場検査員になるとどんな悩みが解決できる?

航空工場検査員になると、自身の知識や技術を活かして下記のような悩み・問題を解決できるようになります。

航空工場検査員が解決できること
  • 航空機製造の最終チェックや整備・修理を通じて、飛行機の安全性を担保し、事故を未然に防ぐ

航空工場検査員の資格を取れる人はどんな人?(取得条件・受験資格)

航空工場検査員の資格を取得するには、以前は国家試験の合格が条件でしたが、現在は試験が廃止され、下記の資格要件に変更されています。

航空工場検査員の資格取得条件(次のいずれかに該当すること)

  • 航空機・航空機用機器の製造・修理に係る許可事業者が実施する航空機・航空機用機器の製造・修理に関する研修を受け、かつ製造工場・修理工場において3年以上航空機・航空機用機器の製造・修理に関する事務に従事した者
  • 上記と同等以上の能力を有していると経済産業大臣が認める者

航空工場検査員はどんな人におすすめの資格?

航空工場検査員は、下記のような人に取得がおすすめの資格です。

航空工場検査員の資格取得がおすすめな人
  • 航空機の安全や人の命を守るという、使命感・責任感のある人
  • 飛行機に関連した仕事に就きたい人
  • 比較的高めの年収を狙いたい人(航空工場検査員の平均年収は、30代で500万円程度)

どこが管理している資格なの?(問い合わせ先・管理団体)

航空工場検査員の資格を管理しているのは、「経済産業省」です。詳しい資格の取得要件については、下記のHPからご確認ください。

▼ 経済産業省

まとめ:航空機の製造・修理業務を一定年数続けると、航空工場検査員の有資格者になれる!

これまでは航空工場検査員の資格を取得するのに、国家試験を合格する必要がありましたが、近年は要件が改正され、該当する研修や実務経験を経れば有資格者になれます。航空機点検のプロフェッショナルになりたいという人は、地道に航空機や航空機用機器の製造・修理業務を続けて資格取得を目指しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました