自動車検査員の資格を取るとどんなメリットがある?

車検を行う自動車検査員やりがい・夢を与える
スポンサーリンク

自動車が安全に運転を続けるために必要不可欠なのが車検ですが、この車検を正確に行うプロフェッショナルが「自動車検査員」という職種です。今回は自動車検査員とはどんな資格か、仕事内容や取得の方法などをお伝えしていきます。

スポンサーリンク

自動車検査員とは、どんな資格?

自動車検査員とは、民間の車検工場で検査部門の責任者を担う専門職です。国家資格の一つで、民間の車検場で整備された車が保安基準に適合しているかどうかを検査することが役割になります。車検検査の実施が許されているのは、自動車検査員の有資格者のみです。

自動車検査員の具体的な仕事内容は、次の通りです。

完成検査
整備士が整備し終えた自動車が、保安基準に適合しているかをチェックする作業。車検の合否の最終的な判断をします。
検査設備の管理
車検に使用する設備を定期的に点検し、常に正確な検査が行える状態を維持します。
検査書類の作成・管理
車検の結果を書類にまとめ、保管・管理します。
検査業務の監督・指導
新人の自動車検査員を育成したり、自動車のオーナーに検査結果や安全走行の方法を説明したりします。
最新情報の把握・反映
法令改正などによって車検の検査基準が変わった場合、臨機応変に対応します。

学ぶ知識・技術

自動車検査員の資格を取得するには、「自動車整備士」の資格を保有しており、かつ整備主任者として1年以上の実務経験を経た上で、以下のルートを辿る必要があります。

  1. 自動車検査員教習を受講する
  2. 自動車検査員教習の修了試験に合格する

教習は全4回、9時30分〜17時にわたって行われ、修了試験合格に向けて下記の知識を習得していくことになります。

  • 基礎法令・整備関係法令
  • 通達に関する基本知識
  • 検査員として実務上必要な知識(点検基準、自賠法、高圧ガス、自動車検査用機械器具の取扱い、自動車点検基準及び保安基準) など

自動車検査員で目指せる職業、就職先は?

自動車検査員は、「民間車検場」といわれる「指定工場」に1人以上配置しなければならない決まりであり、資格取得後は運輸局で指定された民間車検場に就職できるようになります。

自動車検査員になるとどんな悩みが解決できる?

自動車検査員になると、下記のような悩み・問題が解決できるようになります。

自動車検査員が解決できること
  • 車検検査を行うことで、整備された自動車に不備が無いかチェックする(自動車整備士は、車検検査を行うことができない)
  • 自動車の整備状態の最終判断を下し、安全な車を世に送り届けることで、未然に故障(それによる事故)を防ぐ

自動車検査員の資格を取れる人はどんな人?(取得条件・受講資格)

自動車検査員の国家資格を取得するには、下記の条件を全て満たす必要があります。

  • 1級・2級自動車整備士の資格を保有している人
  • 1級・2級自動車整備士の資格取得後、「整備主任者」として1年以上の実務経験を積んだ人
  • 自動車検査員教習を受講し、修了試験に合格した人

なお、自動車検査員教習の修了試験に合格しても、地方運輸局に申請しなければ自動車検査員として勤務することはできません。さらに資格取得後も、定期的に研修を受けて資格を更新し続ける必要があります。

また、自動車検査員教習の受講資格については、下記の通りです。

自動車検査員教習の受講資格

  1. 教習開始日の前日までに、整備主任者として1年以上の実務経験がある者(1級自動車整備士の場合は6ヶ月以上)
  2. 直近の整備主任者研修を受講している者
  3. 指定自動車整備事業の指定を受けている(受けようとしている)工場で勤務している者、あるいは勤務を予定している者

取得にかかる費用

自動車検査員教習の受講にかかる費用は、講習会場によって異なりますが、おおよそ14,000円です。

自動車検査員はどんな人におすすめの資格?

自動車検査員は、次のような人に取得がおすすめの資格です。

自動車検査員の資格取得がおすすめな人
  • 車が好きな人
  • 強い責任感を持って、自動車のチェックができる人
  • 自動車整備士の資格を取得している人
  • 自動車整備士よりも比較的収入が高い職に就きたい人(平均年収400万円)

どこが管理している資格なの?(問い合わせ先・管理団体)

自動車検査員の資格を管理し、資格教習を実施しているのは、「各地方運輸局」です。教習会場や日程、手続きなどは各自治体によって異なるので、詳しくはお住まいの自治体の運輸局のHPからご確認ください。

各地方運輸局(関東運輸局)

まとめ:自動車検査員は、整備士資格保有者におすすめのキャリアアップ資格!

自動車検査員は「みなし公務員」とも呼ばれる、責任の重い仕事です。近年は若者の車離れの傾向がありますが、地方での生活にはまだ車は必須であり、社会的ニーズの大きさから定期的な求人が期待できます。自動車整備士からのキャリアアップを目指している方は、ぜひ前向きに資格取得を。

コメント

タイトルとURLをコピーしました