データベーススペシャリストの資格を取るとどんなメリットがある?

データベースの管理とセキュリティの見直しをしているデータベーススペシャリストIT・PC系
この記事は約7分で読めます。

ビッグデータ時代の現代、顧客企業のデータベースシステムを安全かつ効率的に構築・保守・運用できるプロフェッショナルである「データベーススペシャリスト」のニーズは非常に高いといえます。このデータベーススペシャリストとはどんな資格か、仕事内容や取得の方法、取得によるメリットなどをお伝えしていきます。

データベーススペシャリストとは、どんな資格?

データベーススペシャリストとは、企業などが持つ膨大なデータベースを設計、管理し、それを引き出すための効率的なシステムを構築する専門職です。IT系国家資格の一つで、情報処理技術者試験の中でも最高レベルの難易度であるデータベーススペシャリスト試験に合格すると有資格者になれます。

データベーススペシャリストの具体的な仕事内容は、次の通りです。

  • データベースに関係する高い知識・技術を活用し、効率性・信頼性・安全性を考慮した情報システム基盤の企画・要件定義・開発・運用・保守をする
  • データ管理者として、情報システム全体のデータ資源を管理する
  • データベース関連の技術サポート

学ぶ知識・技術

試験に合格するには、下記の知識・技術を習得しておく必要があります。

テクノロジ系

基礎理論
  • 離散数学
  • 応用数学
  • 情報理論
  • 通信理論
  • 計測制御理論
アルゴリズムとプログラミング
  • データ構造
  • アルゴリズム
  • プログラミング
  • プログラム言語
  • マークアップ言語
コンピュータ構成要素
  • プロセッサ
  • メモリ
  • バス
  • 入出力デバイス
  • 入出力装置
システム構成要素
  • システムの構成
  • システムの評価指標
ソフトウェア
  • オペレーティングシステム
  • ミドルウェア
  • ファイルシステム
  • 開発ツール
  • オープンソースソフトウェア
ハードウェア
  • ハードウェア
ヒューマンインターフェイス
  • ヒューマンインターフェース技術
  • インターフェース設計
マルチメディア
  • マルチメディア技術
  • マルチメディア応用
データベース
  • データベース方式
  • データベース設計
  • データ操作
  • トランザクション処理
  • データベース応用
ネットワーク
  • ネットワーク方式
  • データ通信と制御
  • 通信プロトコル
  • ネットワーク管理
  • ネットワーク応用
セキュリティ
  • 情報セキュリティ
  • 情報セキュリティ管理
  • セキュリティ技術評価
  • 情報セキュリティ対策
  • セキュリティ実装技術
システム開発技術
  • システム要件定義
  • システム方式設計
  • ソフトウェア要件定義
  • ソフトウェア方式設計
  • ソフトウェア詳細設計
  • ソフトウェア構築
  • ソフトウェア結合・ソフトウェア適格性確認テスト
  • システム結合・システム適格性確認テスト
  • ソフトウェア導入
  • ソフトウェア受入れ
  • ソフトウェア保守
  • ソフトウェア廃棄
ソフトウェア開発管理技術
  • 開発プロセス手法
  • 知的財産適用管理
  • 開発環境管理
  • 構成管理
  • 変更管理

マネジメント系

プロジェクトマネジメント
  • プロジェクトマネジメント
  • 統合マネジメント
  • ステークホルダマネジメント
  • スコープマネジメント
  • タイムマネジメント
  • コストマネジメント
  • 品質マネジメント
  • 資源マネジメント
  • コミュニケーションマネジメント
  • リスクマネジメント
  • 調達マネジメント
サービスマネジメント
  • サービスマネジメント
  • サービスの設計・移行
  • サービスマネジメントプロセス
  • サービスの運用
  • ファシリティマネジメント
システム監査
  • システム監査
  • 内部統制

ストラテジ系

システム戦略
  • 情報システム戦略
  • 業務プロセス
  • ソリューションビジネス
  • システム活用促進・評価
  • システム評価
システム企画
  • システム化計画
  • 要件定義
  • 調達計画
  • 実施
経営戦略マネジメント
  • 経営戦略手法
  • マーケティング
  • ビジネス戦略と目標
  • 評価
  • 経営管理システム
技術戦略マネジメント
  • 技術開発戦略の立案
  • 技術開発計画
ビジネスインダストリ
  • ビジネスシステム
  • エンジニアリングシステム
  • e-ビジネス
  • 民生機器
  • 産業機器
企業活動
  • 経営・組織論
  • OR・IE
  • 会計・財務
法務
  • 知的財産権
  • セキュリティ関連法規
  • 労働関連・取引関連法規
  • その他の法律・ガイドライン・技術者論理
  • 標準化関連

テクノロジ系

コンピュータシステム
  • コンピュータ構成要素
  • システム構成要素
技術要素
  • ネットワーク
  • セキュリティ
開発技術
  • システム開発技術
  • ソフトウェア開発管理技術

記述試験

  • データベースシステムの企画・要件定義・開発に関すること
  • データベースシステムの運用・保守に関すること
  • データベースシステム技術に関すること

データベーススペシャリストで目指せる職業、就職先は?

データベーススペシャリストの持つスキル・知識は、情報漏洩が問題になりやすい昨今、IT業界にとって必要不可欠な存在です。資格があると、情報システム系・ネットワーク系関連企業での就職・転職が有利になるでしょう。

データベーススペシャリストになるとどんな悩みが解決できる?

データベーススペシャリストになると、次のような悩み・問題の解決に貢献できます。

データベーススペシャリストが解決できること
  • 裏で稼働するデータベースと情報を安全に管理することで、情報漏洩を未然に防ぐ
  • 企業が持つ膨大なデータベースの運用を効率化させる
  • データベースの開発過程を一手に引き受け、他の従業員の指導育成をする

データベーススペシャリストの資格を取れる人はどんな人?(取得条件・受験資格)

データベーススペシャリストの資格を取得するには、データベーススペシャリスト試験に合格する必要がありますが、この試験は年齢や学歴、職歴を問わずどなたでも受験できます。

取得にかかる費用

データベーススペシャリスト試験の受験にかかる費用は、7,500円です。令和3年秋季試験から受験料が改定されています。

データベーススペシャリストはどんな人におすすめの資格?

データベーススペシャリストは、次のような人に取得がおすすめの資格です。

データベーススペシャリストの資格取得がおすすめな人
  • データベース技術のプロフェッショナルという証明が欲しい人
  • IT企業への転職を有利に進めたい人
  • IT企業での出世や年収アップを目指している人(平均年収は500~700万円)
  • 弁理士や技術士、ITコーディネータとしてのキャリアパスを目指している人(それぞれの試験科目が一部免除される)

どこが管理している資格なの?(問い合わせ先・管理団体)

データベーススペシャリストの資格を管理し、試験を実施しているのは「独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)」です。その年の試験日程や会場、受験申請に必要な手続きについては、下記の公式HPからご確認ください。

▼ 独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)

まとめ:データベーススペシャリストは、インフラ系エンジニアにおすすめの国家資格!

現在IT企業に勤めており、将来的にデータベース管理者やインフラ系エンジニアを目指す人にとって、データベーススペシャリストの国家資格は取得がおすすめの資格です。合格率は約15%の難関資格ですが、キャリア形成を有利に進めたい方はぜひ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました