キッチンスペシャリストの資格を取るとどんなメリットがある?

キッチンスペシャリストができることやりがい・夢を与える
スポンサーリンク
アクシスコンサルティング株式会社バナー

食は人が生きていくうえでなくてはならないもので、キッチンへのこだわりがある人も多いですよね。キッチンの機能や設備のスペシャリストのサポートが必要になることも。この記事ではキッチンスペシャリストを目指す人に向けて、資格取得のメリットや方法を改善します。

スポンサーリンク

キッチンスペシャリストとは、どんな資格?

キッチンスペシャリストは、居住者のニーズをヒアリングし、快適で使いやすいキッチン空間(機能、設備、維持管理等)を提案や助言をする専門家です。提案した内容は建築や施工と共有し、キッチン空間を一緒に作り上げていきます。

学ぶ知識・技術

キッチンスペシャリストの資格を取得するには、一次試験(学科)と二次試験(記述式)に合格する必要があります。

一次試験(学科試験)

一次試験(事前説明15分、120分)の出題範囲は下記のように定められています。

学科(マークシートによる択一式)
  1. 住居と食生活に関すること
    2.キッチン空間に関すること
    3.キッチン機能に関すること
    4.キッチン設計施工に関すること
    5.キッチン販売に関すること

二次試験(記述式)

二次試験の所要時間は事前説明(15分)、実施時間(150分)です。課題は、「筆記(図面表現)によるキッチン空間の企画・提案に関すること」です。

キッチンスペシャリストで目指せる職業、就職先は?

キッチンスペシャリストの資格を取得すると、下記の業界への就職に役立ちます。

  • ハウスメーカー・住宅メーカー
  • インテリアメーカー工務店
  • リフォーム業者
  • インテリア販売店

キッチンスペシャリストを取得するとどんな悩みが解決できる?

キッチンスペシャリストの資格を取得すると、下記の悩みや課題の解決に貢献できます。

キッチンスペシャリストが解決できること
  • 新築やリフォームなどで、ニーズに合ったキッチン空間を提案できる
  • 省エネや環境に配慮してキッチン空間の実現をサポートする
  • 防火構造など、安全なキッチン空間を提案する

キッチンスペシャリストの資格を取れる人はどんな人?(取得条件・受験資格)

キッチンスペシャリストの認定試験は、年齢、性別、国籍、学歴、職業、実務経験を問わず誰でも受験可能です。ただし、出題・解答は日本語のみですので、日本語能力が必要になります。

取得にかかる費用

キッチンスペシャリストの認定試験の受験料は、下記の3種類があります。

  • 総合タイプ:14,300円(税込)
  • 学科試験(先取り/免除タイプ):11,550円(税込)
  • 実技試験(先取り/免除タイプ):11,550円(税込)

キッチンスペシャリスト試験の日程

キッチンスペシャリストの認定試験は年一回、一次試験と二次試験が同日に開催されます。開催地は全12地域(北海道・岩手県・宮城県・群馬県・東京都・愛知県・石川県・大阪府・広島県・香川県・福岡県・沖縄県)です。

キッチンスペシャリストはどんな人におすすめの資格?

キッチンスペシャリストは、キッチンの快適さや機能面、安全性を考慮しつつ、お客様のニーズに合ったインテリアを提案する仕事です。

ニーズを把握するためのヒアリング能力が必要であり、施工業者などとやり取りする上ではコミュニケーション能力や的確に情報を伝える能力も求められます。

キッチンスペシャリストの認定試験の合格率は28%~38%程度です。資格取得を目指す人は、計画的に試験対策を進めましょう。

キッチンスペシャリストの資格取得がおすすめな人
  • 建築業界やリフォーム業界で働く人
  • 建築士の資格保有者
  • ヒアリング能力がある人
  • お客様や業者とコミュニケーションする能力が高い人

どこが管理している資格なの?(問い合わせ先・管理団体)

キッチンスペシャリストの資格を認定しているのは、公益社団法人 インテリア産業協会です。試験の詳細については下記HPから確認してください。

▼ 公益社団法人 インテリア産業協会

まとめ:キッチンの機能や設備に関するスペシャリストを目指そう

キッチンスペシャリストの仕事は、一般家庭や飲食店などからニーズのある仕事です。依頼者のニーズを叶えるというやりがいも大きく、自分の強みを伸ばすことにもつながるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました