【2022年】ドローン操縦に関するおすすめ資格7選

ドローン操縦スキル使える民間資格

2022年現在、ドローン操縦士になるために必須の資格はありません。この記事は、ドローンの関連資格である第三級陸上特殊無線技士・第四級アマチュア無線技士・無人航空従事者試験(ドローン検定)・JUIDA無人航空機操縦士・JUIDA無人航空安全運航管理者・ドローン操縦士回転翼3級・DJIスペシャリストについてまとめました。

ドローン操縦士の仕事には資格が必要なの?

2022年現在の法律では、ドローンの操縦には免許や資格の取得が必須ではありません。

JUIDAやDPAなど民間団体による認定資格が存在しており、資格取得を目指す人もいます。こうした認定資格を取得する過程で、ドローン操縦に必要な基礎知識や法律知識、操縦技術を学べます。

この記事では、ドローンに関する国家資格・民間資格合わせて7種類を紹介します。

  • 第三級陸上特殊無線技士
  • 第四級アマチュア無線技士
  • 無人航空従事者試験(ドローン検定)
  • JUIDA無人航空機操縦士
  • JUIDA無人航空安全運航管理者
  • ドローン操縦士回転翼3級
  • DJIスペシャリスト

ドローンは、産業や医療、ビジネスサービスなどさまざまな分野でその活用が進んでいます。それに伴い、ドローン操縦に関する法整備が進められているのが日本の現状です。

海外ではドローン操縦に関する免許制度が進められていますが、日本国内でも免許制の導入が検討されています。

ドローン操縦士の仕事は資格取得のメリットはあるの?

ドローン操縦士が資格を取得すると、下記のメリットを得られます。

ドローン操縦士のための資格取得のメリット
  • 国土交通省へ提出する書類を一部簡略化できる
  • ドローン操縦に関する法知識を習得できる
  • ドローンの安全操縦に関する知識やスキルが身に付く

ドローン操縦士におすすめの国家資格【アマチュア無線技士】

ドローンの飛行には電波が使用されています。さらにドローンの機体によって、使用される周波数が異なり、周波数が大きいドローンの操縦には資格が必要となります。

趣味などで使用される一般的なドローンの周波数は2.4GHz帯です。2.4GHz帯の周波数は、他の無線機に影響を及ぼさない微弱電波とみなされます。そのため、操縦においても特定の資格は不要です。

産業用ドローンやFPV対応ドローンでは周波数が大きくなり、各周波数帯に対応した免許取得が求められます。

ドローンの各周波数と必要になる資格は以下のように定められています。

産業用ドローン
  • 5.7GHz
  • 第三級陸上特殊無線技士
FPV対応ドローン
  • 5.8GHz
  • 第四級アマチュア無線技士

第三級陸上特殊無線技士とアマチュア無線技士の資格を管理しているのは、公共財団法人 日本無線協会です。

陸上特殊無線技士の資格を取るとどんなメリットがある?
携帯電話や気象レーダーなどの通信障害を復旧させたり、無線基地局の運用・保守をしたりするのに欠かせない職種が、「陸上特殊無線技士」です。今回はこの陸上特殊無線技士とはどんな資格か、具体的な仕事内容や資格の取得方法などを紹介していきます。
アマチュア無線技士の資格を取るとどんなメリットがある?
ドローンなどのアマチュア無線機器を安全に使用するには、国家資格「アマチュア無線技士」の取得が必要なことををご存知でしょうか?今回は、アマチュア無線機器とはどんな資格か、一級、二級、三級、四級取得でできること、各級の違い、資格取得のメリットなどをご紹介していきます。

ドローン操縦士おすすめの民間資格【無人航空従事者試験(ドローン検定)】

無人航空従事者試験(ドローン検定)とは、ドローンを取り扱う従事者やリモートパイロットの知識を評価する検定です。試験では、ドローンの飛行の特性、物理学、工学、気象学、関連法規などが出題されます。

ドローン検定はレベルに応じて1級から4級まで等級が分かれています。初心者は4級からスタートして、徐々にスキルアップを目指すのもおすすめです。

無人航空従事者試験(ドローン検定)を管理しているのは、ドローン検定協会 株式会社です。

無人航空従事者試験(ドローン検定)の資格を取るとどんなメリットがある?
ドローン技術は農業や産業、メディアなどさまざまな業界で利用されていますよね。ドローン操縦士やドローンカメラマンとして仕事をしている人も増えてきました。ドローンを趣味として楽しむ人もいます。 この記事ではドローンを操縦する人などから人気のある資格「ドローン検定」について、試験内容や受験資格、受験費用などを紹介します。

ドローン操縦士におすすめの民間資格【JUIDA無人航空機操縦士・JUIDA無人航空安全運航管理者】

JUIDAドローン資格は、JUIDA認定スクールの講座を修了した人が取得できる資格です。JUIDAドローン資格には、JUIDA無人航空機操縦士とJUIDA無人航空安全運航管理者の2種類があります。講座では、ドローン操縦に関する法律やルール、技術、安全な運用などを学びます。講座は認定スクールで開催されますので、たしかな知識と技術を習得したい人におすすめです。

JUIDAドローン資格を管理しているのは、一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)です。

JUIDAドローン資格を取るとどんなメリットがある?
ドローン操縦士は比較的新しい職業で、これからますます人気と需要が高まることが予想されますよね。ドローン操縦士を目指す人におすすめの資格「JUIDAドローン資格」をチェックしていきましょう。JUIDAドローン資格の「JUIDA無人航空機操縦士」「JUIDA無人航空安全運航管理者」の違い、受講内容、受講資格などを紹介します

ドローン操縦士におすすめの民間資格【ドローン操縦士回転翼3級】

ドローン操縦士回転翼3級は、講座の受講を通して回転翼航空機の飛行に必要な基礎知識と操縦する基本技術を認定する試験です。講座ではマンツーマンで行われるため、ドローン操縦初心者も安心して学習を進めることができます。また、ドローン操縦士回転翼3級は最短2日間で取得可能な資格であり、できるだけ早く資格を取得したい人にもおすすめです。

ドローン操縦士回転翼3級の資格を管理しているのは、DPA(一般社団法人 ドローン操縦士協会)です。

ドローン操縦士回転翼3級の資格を取るとどんなメリットがある?
ドローンは産業や農業、医療など幅広い分野で役立つ技術です。ドローン操縦士の需要も高まり、たしかなスキルを持った人材が重宝されています。ドローン操縦に関する資格を取得すると、安全操縦のための知識を技術を習得していることの証明になります。この記事では、ドローン操縦士回転翼3級について講座で学ぶ内容や受講資格などを紹介します

ドローン操縦士におすすめの民間資格【DJIスペシャリスト】

DJIスペシャリストとは、DJI CAMP教育カリキュラムの受講を通して、DJI製無人航空機を正しく安全に操縦するための知識や技術を習得した人が取得できる資格です。DJI CAMPは、国土交通省が認可する管理団体「DJI JAPAN 株式会社」が提供する教育プログラムです。

このプログラムは法人向けに構成されています。法人または個人事業主が受講対象です。DJIスペシャリストを取得した後は、上位資格であるDJIインストラクターとDJIマスターを目指すこともできます。

DJIスペシャリストは、ドローンメーカーのDJIが認定し、エアロエントリー株式会社が運営する資格です。

DJIスペシャリストの資格を取るとどんなメリットがある?
近年はドローン操縦士がさまざまな業界で活躍していますよね。今後も需要が高まることが予想されるドローン操縦士ですが、安全な操縦技術と知識は必須スキルといえます。 この記事ではドローン操縦士を目指す人におすすめの資格「DJI CAMPスペシャリスト」について、教育プログラムの概要や受講費用、受講資格などを紹介します。

まとめ:ドローン操縦士を目指すならたしかな知識と技術を習得しよう

2021年現在では、ドローン操縦士になるには資格取得が必須ではありません。ただし操縦する機体や目的によっては資格が必要になります。また、今後人気が高まることが予想される職業でもありますので、高い信頼を得るためにも資格取得を通して知識と技術を身に付けることをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました