建築・工事

建築関係や工事関係の資格の情報をまとめています。

やりがい・夢を与える

圧入施工技士の資格を取るとどんなメリットがある?

下水道の整備工事など基礎工事の現場では、振動や騒音などの建設公害や環境への影響が課題となっています。こうした課題を解決するために、工事の質を高める知識や能力を持った人が取得できる「圧入施工技士」という資格があります。 この記事では、圧入施工技士について受験資格の要件や必要とされる知識や経験を紹介します。
キャリアアップ

コンクリート等切断穿孔技能審査試験の資格を取るとどんなメリットがある?

コンクリートの工事を安全かつ効率的に進めるためには、さまざまな知識や技術が必要です。この記事では、切断機(コンクリートカッター)や穿孔機(ダイヤモンドコアドリル)を使う工事で重宝される能力を問う「コンクリート等切断穿孔技能試験」について説明します。試験の出題範囲や受験資格、受験費用について知りたい人はチェックしましょう
やりがい・夢を与える

酸素欠乏・硫化水素危険作業主任者の資格を取るとどんなメリットがある?

トンネルや下水道などで行う作業には、酸素欠乏症や硫化水素中毒の危険があり、人命にも関わります。そうした健康被害を防ぐために、安全管理の知識や実技のスキルを身につけた作業責任者が必要です。 この記事では、酸素欠乏・硫化水素危険作業主任者という国家資格について、資格取得に必要な講習内容や費用を紹介します。
やりがい・夢を与える

商業施設士の資格を取るとどんなメリットがある?

ショッピングモールやデパートは小さな子どもからお年寄りまでたくさんの人が集まる空間です。 そんな商業施設の運営管理や構成に関する仕事のプロフェッショナルが「商業施設士」です。この記事では商業施設士の試験概要や受験資格の要件などを紹介します。
やりがい・夢を与える

建築設備検査員の資格を取るとどんなメリットがある?

マンションや学校、病院といった多くの人が集まる建築物のメンテナンスとして欠かせないのが、排煙や排水、換気設備などの定期点検です。そうしたメンテナンスを行う専門職・国家資格である「建築設備検査員」について、仕事内容や資格取得方法を紹介していきます。
収入アップ

高圧室内作業主任者の資格を取るとどんなメリットがある?

海底など気圧が違う特殊な地盤での工事を行う際に必要不可欠なのが、「高圧室内作業主任者」という専門職です。今回はこの高圧室内作業主任者とはどんな仕事を担当する職種か、資格の取得方法などを紹介していきます。
不動産

建築物環境衛生管理技術者の資格を取るとどんなメリットがある?

ビル管理のスペシャリストと呼ばれる「建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)」は、ビルの円滑な運営に欠かせない人材です。シニア世代も活躍するこの職種は、経験や国家試験合格が必要とされます。 この記事では、建築物環境衛生管理技術者について国家試験受験資格や就職が期待できる業界などについて説明します。
収入アップ

火薬類(製造・取扱)保安責任者の資格を取るとどんなメリットがある?

火薬類を扱う業界では、安全確保が必須の課題となります。取り扱いを一歩間違えると大事故や災害を引き起こしますので、確かな専門知識と技術を習得した人材である火薬類(製造・取扱)保安責任者の配置が求められているのです。 この記事では、火薬類(製造・取扱)保安責任者の資格取得について、試験内容や受験費用などを解説していきます。
やりがい・夢を与える

造園施工管理技士の資格を取るとどんなメリットがある?

近年は住宅や公共施設、高層ビルの屋上や道路の緑化整備が進んでおり、建築・土木工事において造園工事は身近なものとなっています。その現場で活躍する国家資格が「造園施工管理技士」です。どんな仕事を担当するのか、資格の取得方法と併せて紹介していきます。
キャリアアップ

建築施工管理技士の資格を取るとどんなメリットがある?

建築施工管理技士は、建築工事の全体を把握し、施工計画や品質を管理する技術者です。建設業に携わる人のステップアップにおすすめの資格ですが、1級と2級に分かれる資格で、令和3年からは新しい試験制度へと改正がされました。この記事では建築施工管理技士について、取得するとできるようになる仕事、試験内容や合格率などを紹介します。
タイトルとURLをコピーしました