本メディアではアフィリエイト広告を利用していますが、コンテンツ制作はプロコミ編集部が独自で行っています。メーカー等はコンテンツの内容や商品のランキング・評価等の決定に一切関与していません。

マンションリフォームマネジャーの資格を取るとどんなメリットがある?

マンションリフォームマネジャーやりがい・夢を与える
スポンサーリンク

マンションは新築だけでなくリフォーム物件も人気ですよね。「マンションリフォームマネジャー」 はリフォームに関する企画や設計図作成などに携わる専門家です。この記事ではマンションリフォームマネジャー試験の学科試験と設計製図試験の概要、受験資格、受験料について解説します。

スポンサーリンク

マンションリフォームマネジャーとは、どんな資格?

マンションリフォームマネジャーとは、主としてマンションの専有部分のリフォームにおいて、リフォームの企画立案や設計図作成、管理組合や施工者との調整などに関する専門知識を習得した専門家です。

マンションリフォームマネジャーは、下記のような仕事を担当することがあります。

  • マンションのリフォーム
  • マンションの大規模修繕
  • 中古マンションの売買
  • インテリアデザイン
  • マンション管理 など

マンションリフォームマネジャーの資格は1992年にスタートし、これまでに11,096人の有資格者が誕生しました。

マンションリフォームマネジャーの資格については、「マンション標準管理規約(国土交
通省)」において、「管理組合が支援を受けることが有用な専門的知識を有する者」として位置づけられており、専門知識に基づいてその力を発揮することが期待されています。

学ぶ知識・技術

マンションリフォームマネジャーの資格を取得するためには、学科試験と設計製図試験に合格する必要があります。試験対策として、参考図書『マンションリフォームマネジメント実務必携』を使って勉強したり、試験対策講座を受講するという方法があります。

学科試験と設計製図試験の概要は下記の通りです。

学科試験

学科試験では、マンションリフォームに関する専門知識が問われます。

出題形式
4肢択一式50問
試験時間
120分
出題分野
計画・基礎知識、法規・規約・制度、マネジメント、住戸内各部のリフォーム、設備のリフォーム

設計製図試験

マンションリフォームのプランニングについて、問題が1問出題されます。

試験時間
180分
出題内容
マンション専有部分に係るリフォームの設計図書の作成(平面図および留意事項説明等)。受験申込書の配布と同時に設計製図試験の課題が公表されます

試験合格者の区分

試験の合格者には、「合格者」と「一部合格者」の区分があります。学科試験と設計製図試験の両方の合格者には合格証が発送され、マンションリフォームマネジャーの資格が付与されます。

一部合格者とは、学科試験または設計製図試験のいずれか一方にのみ合格した人を指します。一部合格者は、次年度以降4年間においては、再受験の際に申請によって、一部合格した試験について免除されます。

マンションリフォームマネジャーで目指せる職業、就職先は?

マンションリフォームマネジャーの資格を取得すると、建築・建設業界、住宅メーカー、不動産の管理会社などへの就職・転職で自己アピールにつながるでしょう。

マンションリフォームマネジャーを取得するとどんな悩みが解決できる?

マンションリフォームマネジャーの資格を取得すると、下記の悩みや課題の解決に貢献できます。

マンションリフォームマネジャーが解決できること
  • マンションのリフォームにおける提案や設計で、顧客のニーズを汲み取る
  • 安心・安全・高品質なマンションリフォームをサポートできる
  • 管理組合との調整を行い、トラブル発生を防ぐ

マンションリフォームマネジャーの資格を取れる人はどんな人?(取得条件・受験資格)

マンションリフォームマネジャー試験の受験資格に制限はありません。

取得にかかる費用

マンションリフォームマネジャー試験の受験費用は、試験の種類ごとに下記のように定められています。

  1. 学科試験+設計製図試験:14,300円(税込)
  2. 学科試験のみ:11,000円(税込)
  3. 設計製図試験のみ:11,000円(税込)

マンションリフォームマネジャー試験の日程

マンションリフォームマネジャー試験は、年に一回秋に実施されます。試験の開催地は、札幌・東京・名古屋・大阪・福岡です。

マンションリフォームマネジャーはどんな人におすすめの資格?

マンションは住み続けるうちに老朽化が発生したり、居住者のライフステージの変化による改装が必要になることがあります。マンション購入の際に、自分好みの空間にするためにリフォームを希望する人も少なくありません。

ただしマンションのリフォームには、建築に関する知識やインフラに関する知識、管理組合と調整を行うコミュニケーションスキルも必要です。そうした事柄についての専門知識を習得した専門家が、マンションリフォームマネジャーです。

高齢化に伴って家を改装する人も多いことから、安心・安全・高品質なリフォームを支える人材は今後も重宝されるでしょう。マンションリフォームマネジャーの資格所有者は、会社にもよりますが、平均年収以上の収入が見込まれます。

2022年度の試験の合格者は99名で、合格率30.5%という結果が出ています。決して簡単な試験ではありませんが、人々のライフスタイルを支えるやりがいのある仕事ができるでしょう。

マンションリフォームマネジャーの資格取得がおすすめな人
  • リフォーム事業に携わる人
  • 建築・建設業界に関心がある人
  • 顧客の希望を汲み取るヒアリング能力がある人
  • 安定した業界で働きたい人

どこが管理している資格なの?(問い合わせ先・管理団体)

マンションリフォームマネジャーの試験を主催しているのは、公益財団法人 住宅リフォーム・紛争処理支援センターです。試験の詳細や申込については、下記URLから確認してください。

▼ 公益財団法人 住宅リフォーム・紛争処理支援センター

まとめ:マンションリフォームマネジャーになってこれからの時代で活躍しよう

リフォームはこれからの時代もさまざまな需要が見込まれる仕事です。マンションリフォームマネジャーになって、人々の暮らしのために活躍しましょう。

コメント