本メディアではアフィリエイト広告を利用していますが、コンテンツ制作はプロコミ編集部が独自で行っています。メーカー等はコンテンツの内容や商品のランキング・評価等の決定に一切関与していません。

安定

スポンサーリンク
キャリアアップ

普通第1種圧力容器取扱作業主任者の資格を取るとどんなメリットがある?

工場のような製造業などでは、取り扱いを間違えると事故を引き起こす危険物を使用します。そういった事業所では確かな知識を持った責任者が必要です。 今回はそんな責任者の資格のひとつ「普通第1種圧力容器取扱作業主任者」について、どんな仕事で必要とされるか、講習内容、資格取得にかかる費用などを紹介します。
キャリアアップ

高圧ガス移動監視者の資格を取るとどんなメリットがある?

高圧ガスを積載するタンクローリーは、「高圧ガス移動監視者」という国家資格の有資格者が運送しているのをご存知ですか?この記事では高圧ガス移動看視者の資格取得に必要な「高圧ガス移動監視者講習」の概要、資格取得者がどんな業界に就職を目指すことができるかなどを解説します。
収入アップ

高圧室内作業主任者の資格を取るとどんなメリットがある?

海底など気圧が違う特殊な地盤での工事を行う際に必要不可欠なのが、「高圧室内作業主任者」という専門職です。今回はこの高圧室内作業主任者とはどんな仕事を担当する職種か、資格の取得方法などを紹介していきます。
スポンサーリンク
キャリアアップ

ビル経営管理士試験の資格を取るとどんなメリットがある?

ビル管理のスペシャリストを目指す人におすすめなのが、「ビル経営管理士」の資格です。スキルアップと年収アップを叶える資格で、性別や年齢を問わずチャレンジできます。 この記事では、ビル経営管理士資格取得に関する試験概要や受験資格などを解説していきます。
収入アップ

機関当直3級海技士(機関)の資格を取るとどんなメリットがある?

船が運航するには、ボイラーや発電装置、ポンプなどの機関が正常に作動し続けることが必要不可欠ですが、これを陰で支えるプロフェッショナルが「機関当直3級海技士(機関)」です。具体的な仕事内容や役割、資格の取得方法などを以降で紹介していきます。
やりがい・夢を与える

水先人の資格を取るとどんなメリットがある?

船舶は、生活に必要な物品を運送したり人を乗せて海を航海しています。しかし海は水域ごとに特徴があり、一歩間違うと大事故につながります。船舶の安全性や効率性を支える「水先人」という資格があり、海の安全が守られています。 この記事では水先人の国家資格について、養成校の履修内容や試験、仕事の将来性などについて説明します。
キャリアアップ

内燃機関海技士の資格を取るとどんなメリットがある?

海で働く業種はさまざまありますが、船舶の乗組員として専門的な仕事をするには資格が必要となりますが、どんな資格が必要なのでしょう。 。航海や船舶の装置の運転には、専門性の高い知識や技術が求められます。 今回は、内燃機関海技士という資格について、取得方法や試験の種類、費用を説明していきます。
やりがい・夢を与える

海技士(通信・電子通信)の資格を取るとどんなメリットがある?

海での遠洋漁業の際には大型船舶が運航されますが、大型船舶の船舶職員になるために必要な国家資格が「海技士」です。この海技士の資格は複数の職域に分けられていますが、今回は通信・電子通信を専門とする海技士について、仕事内容や資格の取得方法などを紹介していきます。
キャリアアップ

船内荷役作業主任者の資格を取るとどんなメリットがある?

港には、日々多くの船が出入りし、たくさんの貨物が船から降ろされ、積み込まれています。こうした荷役作業を安全に行うために欠かせない現場責任者が、「船内荷役作業主任者」です。具体的な仕事内容や資格の取得方法、取得後のメリットなどを紹介していきます。
キャリアアップ

整備管理者の資格を取るとどんなメリットがある?

バスなどの大型自動車が日々安全に運転できているのは、「整備管理者」が定期的な点検を行っているおかげです。今回はこの整備管理者とはどんな資格か、具体的な仕事内容や資格の取得方法を紹介していきます。
スポンサーリンク