玉掛作業者の資格を取るとどんなメリットがある?

クレーン作業をする玉掛作業者収入アップ
この記事は約5分で読めます。

建設現場や製造工場ではクレーン等で重い荷を扱います。クレーンのフックに荷を掛けたり外したりする玉掛け作業は、現場の安全を支える重要な仕事です。

この記事では、玉掛け作業を行うために必要な国家資格である玉掛作業者について説明します。スキルアップやキャリアアップを考えている人は是非チェックしてみてくださいね。

玉掛作業者とは、どんな資格?

玉掛技能者は、玉掛に伴う準備から玉はずし作業まで、一連の作業を行うために必要な国家資格です。玉掛とは、建設現場などでクレーンを使って重い建材を運ぶときに、クレーンのフックに建材を掛けたり外したりする作業を指します。
この玉掛作業が適切に行われていないと、重量のある建材や積み荷の落下を招くなど、重大な事故が起こるおそれがあります。建設現場や工場では安全管理が必ず求められますので、玉掛作業者は重宝される存在といえるでしょう。

学ぶ知識・技術

玉掛作業者は、ロープやフックの適切な使い方や荷物の安全な積み下ろしの方法に関する知識、玉掛けの技術の習得が求められます。つり上げ荷重1t以上のクレーン、移動式クレーンもしくはデリック、揚貨装置による玉掛作業を行う場合、労働安全衛生法に基づく「玉掛け技能講習」の修了が必要とされています。また、扱う荷の重量が1t未満の場合でも、使用するクレーンなどの性能(つり上げ荷重)が1t以上である場合は、玉掛作業者の資格が必要です。

玉掛け技能講習は、学科試験と実技試験があります。また、実務未経験者と実務経験者、特定の資格の取得者とでは、受講する科目が異なります。

玉掛け技能講習の科目
  • クレーン、移動式クレーン、デリック及び揚貨装置(以下「クレーン等」)に関する知識(1時間)
  • クレーン等の玉掛けの方法(7時間)
  • クレーン等の玉掛けに必要な力学に関する知識(3時間)
  • 関係法令(1時間)
  • 学科試験(1時間)
  • 実技:クレーン等の運転のための合図(1時間)
  • 実技:クレーンなどの玉掛(6時間)
  • 修了試験(1時間)

未経験者は上記の科目と全て受講します。講習は全てで3日~4日程度かかります。玉掛け技能講習は、次のいずれかに当てはまる人は講習科目の免除を受けられます。免除を希望する場合、該当する資格の免許証または修了証の写し、事業主経験証明の提出をしてください。

  • クレーン・デリック運転士免許、移動式クレーン運転士または揚貨装置運転士の免許取得者
  • 旧クレーン運転士または旧デリック運転士の免許取得者
  • 床上操作式クレーン運転技能講習または小型移動式クレーン運転技能講習を修了した人
  • つり上げ荷重が1t以上のクレーン等の玉掛けの補助作業経験が6ヶ月以上ある人
  • クレーン等の特別教育修了後、クレーン等の業務経験が6ヶ月以上ある人
  • 鉱山においてつり上げ荷重が5t以上のクレーン、移動式クレーンの運転業務に1ヶ月以上従事した経験を有する人

どの条件を満たすかによって免除される科目は異なりますので、ご自身が保有している資格や経験を確認し、講習実施団体に問い合わせましょう。

玉掛作業者で目指せる職業、就職先は?

玉掛作業者の資格取得後は、建設現場や製造工場、印刷会社の工場、造園業、造船所、倉庫などでの就職が見込めるようになります。

玉掛作業者になるとどんな悩みが解決できる?

玉掛作業者になると、玉掛けの技術や知識を活かして、次のような悩みや問題の解決に貢献できるようになります。

玉掛作業者が解決できること
  • 大きくて重い荷を使用した建設や工事の現場での重大な事故を防ぐ
  • 建設現場の作業員の安全と健康を守る

玉掛作業者の資格を取れる人はどんな人?(取得条件・受験資格)

玉掛作業者の資格取得のためには、玉掛け技能講習の講習が必要です。受講は学歴や職歴を問いませんが、年齢制限があり18歳以上でないと受講できません。18歳以上であれば、誰でもチャレンジできる国家資格です。

玉掛作業者の玉掛け技能講習は業務未経験者でも受講できますが、実務経験やクレーン・デリック運転士の資格を有する場合は、科目が免除されることがあります。

取得にかかる費用

すでに所有している免許や実務経験等によって講習料金は異なります。受講料と教材費を合わせて、概ね22,000円~30,000円程度となるでしょう。詳細は、講習の実施先に問い合わせてください。

また、助成金の支給制度を利用することができる場合がありますので、利用を希望する人は核管理団体に問い合わせしてみましょう。

玉掛作業者はどんな人におすすめの資格?

玉掛作業者は、次のような人におすすめの資格です。

玉掛作業者の資格取得がおすすめな人
  • つり上げ荷重が1t以上のクレーン、デリック、移動式クレーンの玉掛作業に従事する人
  • クレーン・デリック運転士などの資格を有し、専門職としてスキルアップを目指す人
  • 専門職として長期的に仕事を続けたい人
  • 安全管理を行い、職場の同僚の安全や健康のために貢献したい人
  • 資格を活かして就職や転職を有利に進めたい人
  • 比較的収入が安定した仕事に就きたい人(平均年収は男性は男性が430万前後、女性が380万前後)

どこが管理している資格なの?(問い合わせ先・管理団体)

玉掛作業者の講習を実施しているのは一般社団法人労働技能講習協会、一般財団法人日本産業技能教習協会、全国の労働基準協会連合会、コマツ教習所(株)各センタなどです。講習を実施している団体は多く、全国各地で受講できます。遠方に出向く必要がなく、自宅近郊で受講できる場合もあります。受講方法や日程、会場については、下記のHPからご確認ください。

一般社団法人労働技能講習協会

一般財団法人 日本産業技能教習協会

公益社団法人 東京労働基準協会連合会

コマツ教習所(株)各センタ

まとめ:玉掛作業者は現場の安全を守り、長期的・安定的に仕事を続けられる資格

玉掛作業者は、建設業界や工場などで重宝される存在です。自身のスキルアップや収入アップのためにも魅力的ですが、同じ仕事場で働く同僚たちの安全を守る素敵な役割を果たします。建設現場や工場の安全管理は必須のものですので、将来的にもなくてはならない仕事といえるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました