コンクリート造の工作物の解体等作業主任者の資格を取るとどんなメリットがある?

コンクリート造りの建築物の解体工事キャリアアップ
この記事は約5分で読めます。

日本は木造建築物の多い国とはいえ、コンクリート造の建物も数多くあります。建築物は老朽化や災害の影響で解体や破壊が必要になることがありますが、解体・破壊作業を実施するときに必要なのが、「コンクリート造の工作物の解体等作業主任者」です。

この記事ではコンクリート造の工作物の解体等作業主任者の国家資格取得に必要な講習の内容や費用、資格取得のメリットなどを紹介します。

コンクリート造の工作物の解体等作業主任者とは、どんな資格?

老朽化した施設や建物の建て替えをする場合、構造物の解体や破壊作業をします。こうした作業では、コンクリートの屋根や壁の崩壊、落下などのリスクがあり、工事現場での事故や作業員のケガを招くおそれがあります。また、そうした事故は工事現場周辺に住む住民の安全にも関わってきます。

そのため、高さが5m以上あるコンクリート造の工作物の解体または破壊の作業を行う場合、事業主は作業主任者を選任しなければならないと定められています。作業主任者の仕事は、次のような内容です。

  • 建設現場や工事現場での作業者の配置決定
  • 建設現場や工事現場での作業指揮
  • 機械や保護具などの点検
  • 安全装置の使用状況確認といった安全管理 など

こうした業務を行う作業主任者になるためには、コンクリート造の工作物の解体等作業主任者の講習を受講して試験に合格する必要があります。

学ぶ知識・技術

コンクリート造の工作物の解体や破壊に関する知識と共に、作業を指揮する者としてのスキルも習得します。

学科
  1. 作業の方法に関する知識
  2. 作業環境等に関する知識(工事用設備・機械・器具)
  3. 作業者に対する教育等に関する知識
  4. 関係法令
免除要件
  • 専修訓練課程の普通職業訓練のとび科の訓練を修了した者は、「①作業の方法に関する知識」および「②作業環境等に関する知識」が免除。
  • 職業能力開発促進法第27条第1項の準則訓練である普通職業訓練のうち、職業能力開発促進法施行規則別表第4の訓練科の欄に揚げるとび科の訓練を修了した者(解体についての技術を専攻したものに限る。)は、「①作業の方法に関する知識」および「②作業環境等に関する知識」が免除。
  • 職業訓練法施行令(昭和44年政令258号)別表第1に揚げる検定職種のうち、とびに係る1級又は2級の技能検定に合格した者は、「①作業の方法に関する知識」および「②作業環境等に関する知識」が免除。
  • 職業能力開発促進法第28条第1項に規程する職業能力開発促進法施行規程別表第11の免許職種の欄に揚げる、とび科の職種に係る職業訓練指導員免許を受けた者は、「①作業の方法に関する知識」および「②作業環境等に関する知識」、「③作業者に対する教育等に関する知識」が免除。

上記の学科講習を受けて修了試験に合格することで、コンクリート造の工作物の解体等作業主任者の国家資格を取得できます。

コンクリート造の工作物の解体等作業主任者で目指せる職業、就職先は?

コンクリート造の工作物の解体等作業主任者の資格を取得すると、土木業界や建設業界への就職・転職が見込めます。

コンクリート造の工作物の解体等作業主任者になるとどんな悩みが解決できる?

コンクリート造の工作物の解体等作業主任者になると、次のような悩み・問題が解決できるようになります。

コンクリート造の工作物の解体等作業主任者
  • コンクリートの構造物の解体や破壊作業現場での事故防止を図る
  • 作業で使用する器具や工具の不良品を発見し、リスクを取り除く

コンクリート造の工作物の解体等作業主任者の資格を取れる人はどんな人?(取得条件・受験資格)

コンクリート造の工作物の解体等作業主任者の講習を受講できるのは、下記の条件を満たす人です。

コンクリート造の工作物の解体等作業主任者講習の受講資格

  1. コンクリート造の工作物の解体または破壊の作業経験が3年以上ある者
  2. 学校教育法による大学、高等専門学校、高等学校または中等教育学校で土木、建築に関する学科を専攻して卒業した者で、その後の作業経験が2年以上ある者(卒業証明書の添付が必要)
  3. その他厚生労働大臣が定める者

取得にかかる費用

コンクリート造の工作物の解体等作業主任者の講習では、受講料およびテキスト代を支払います。受講料とテキスト代の目安は、14,000~15,000円です。この金額は、受講する団体によって数百円程度の差が発生します。また、その団体の会員となっている場合は1,000円ほど安くなることもあるようです。

コンクリート造の工作物の解体等作業主任者はどんな人におすすめの資格?

建築物の老朽化は避けられず、更地にする場合も建て替えにする場合も解体または破壊作業が必要性はとても高いものです。そのため、解体・破壊作業を安全に進める作業主任者のニーズも高くなります。

コンクリート造の工作物の解体等作業主任者の資格取得がおすすめな人
  • 資格を活かして収入アップを目指す人
  • 安定的に建設、土木業界で働きたい人
  • コンクリート造構造物の解体、破壊現場の安全徹底を重視する人

どこが管理している資格なの?(問い合わせ先・管理団体)

コンクリート造の工作物の解体等作業主任者の講習を実施しているのは、 建設業労働災害防止協会や社団法人 日本鳶工業連合会など複数の機関・団体です。講習日程や受講料金、申込の方法は各HPで確認しましょう。

建設業労働災害防止協会

社団法人 日本鳶工業連合会

まとめ:

コンクリート造の工作物の解体等作業主任者は、業界内のニーズが高く、作業員や周辺の住民の安全を守るやりがいのある仕事です。収入アップ・キャリアアップを目指す人はもちろん、危険の高い建設現場の安全を確保するという大切な役目を果たしたい人にもおすすめの国家資格ですので、興味がある人はチャレンジしてみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました