医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)の資格を取るとどんなメリットがある?

医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)の仕事IT・PC、事務系
スポンサーリンク

医療事務は事務職の中でも人気が高い職種のため、就職・転職を成功させるには専門知識やスキルを習得するのがおすすめです。

この記事では、医療事務の民間資格「医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)」について、試験の概要などを解説します。

スポンサーリンク

医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)とは、どんな資格?

医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)とは、医療機関の受付業務、診療報酬請求事務業務に関するスキルを審査する試験です。

医療事務技能審査試験に合格すると、「メディカル クラーク®(医科・歯科)」の称号が付与され、受付業務や診療報酬請求事務業務のスキルを証明することができます。

医療事務技能審査試験は40年以上の歴史がある試験です。総受験者数は163万人、合格者数は92万人を超えました。医療事務に関する試験では最大規模の試験です。

学ぶ知識・技術

医療事務技能審査試験の試験科目は、実技と学科に分かれています。

実技I(2問50分)
患者接遇:筆記(記述式)
学科(25問60分)
医療事務知識:筆記(択一式)
実技II(4問70分)
診療報酬請求事務:診療報酬明細書点検

合格基準は、学科試験および実技試験I・IIのすべての得点率が70%に達していることです。

医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)で目指せる職業、就職先は?

医療事務の仕事は資格が必須の仕事ではありません。しかし医療事務技能審査試験の資格を取得した場合、病院やクリニックへの就職・転職で自己アピールにつながるでしょう。

医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)を取得するとどんな悩みが解決できる?

医療事務技能審査試験に合格すると、下記の悩みや課題の解決に貢献できます。

医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)が解決できること
  • 医療事務に必要な専門知識が習得できる
  • 病院の医療事務の効率化を促す
  • 医療事務の人材育成に役立つ

医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)の資格を取れる人はどんな人?(取得条件・受験資格)

医療事務技能審査試験の受験資格に制限はありません。

取得にかかる費用

医療事務技能審査試験の受験費用は、医科・歯科で7,700円(税込)です。

医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)試験の日程

医療事務技能審査試験の日程は、医科と歯科で下記のように定められています。

  • 医科:年12回(毎月)
  • 歯科:年6回(5月、7月、9月、11月、1月、3月)

医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)はどんな人におすすめの資格?

医療事務技能審査試験に合格すると、病院の受付業務に必要な知識やスキルを習得でき、実務に役立てることができます。

医療事務の資格取得を目指す場合、「診療報酬請求事務能力認定試験」もおすすめです。医療事務の分野では厚生労働省が認定している唯一の公的資格のため、資格取得者は高い信頼を得られるでしょう。

医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)の資格取得がおすすめな人
  • 病院の受付(レセプト)への就職・転職を目指す人
  • 診療報酬請求事務のスキルアップを目指す人

どこが管理している資格なの?(問い合わせ先・管理団体)

医療事務技能審査試験の試験は、一般財団法人 日本医療教育財団が管理し、公益社団法人 全日本病院協会と事業提携しています。

試験の詳細や申込については、下記HPから確認してください。

▼ 一般財団法人 日本医療教育財団

まとめ:医療事務技能審査試験は医療事務のスキルアップにおすすめ

医療事務技能審査試験は、病院やクリニックで医療事務として働きたい人におすすめの民間資格です。診療報酬請求事務スキルのほか、患者さんとのコミュニケーション能力の向上にも役立ちますので、ぜひ就職や転職に役立ててください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました