クレーン・デリック運転士の資格を取るとどんなメリットがある?

クレーン操作の準備をするクレーン・デリック運転士収入アップ
この記事は約4分で読めます。

建設現場でよく見かける重機がクレーンですが、これを操縦するには「クレーン・デリック運転士」の国家資格が必要です。今回はクレーン・デリック運転士とはどんな資格か、仕事内容や免許の種類、免許を取得するメリットなどを紹介していきます。

クレーン・デリック運転士とは、どんな資格?

クレーン・デリック運転士とは、吊り上げ荷重が5t以上の天井クレーン、橋形クレーン、ジブクレーン、ガイデリック、スチフレッグデリック、ジンポールなどの各種クレーン及びデリックを運転するのに必要な国家資格です。

クレーンとは「動力を使って荷物を吊り上げる機械」、デリックとは「マストまたはブームを有し、原動機を別置してワイヤロープによって操作する吊り上げ機械」です。構造体が違うことから以前は別々の免許でしたが、2006年に統合され、「クレーン・デリック運転士免許」となりました。免許は、次の3種類に分けられます。

クレーン・デリック運転士免許 (クレーン限定)
5t以上の資材を吊り上げ可能な、全てのクレーンを運転できる免許です。デリック(建設現場などで使われる、高い場所に資材を運ぶ荷役作業用のクレーン)の操縦はできませんが、橋形クレーンや天井クレーン、ジブクレーン、スタッカークレーンなど様々なクレーンを操縦することができます。
クレーン・デリック運転士免許(床上運転式クレーン限定)
床上で運転するタイプのクレーンを操縦できる免許です。吊り上げ荷重5t以上だけでなく、5t未満の操縦も可能になり、デリックや無線操作式クレーン以外のクレーンも運転できます。
クレーン・デリック運転士免許(限定なし)
デリックを含む全てのクレーンを運転できる万能な免許です。

学ぶ知識・技術

クレーン・デリック運転士の資格を取得するには、国家試験に合格する必要があります。合格に必要な知識・技術は以下の通りです。

学科試験
  • クレーン及びデリックに関する知識
  • 関係法令
  • 原動機及び電気に関する知識
  • クレーンの運転のために必要な力学に関する知識
実技試験
  • クレーンの運転
  • クレーンの運転のための合図

クレーン・デリック運転士で目指せる職業、就職先は?

クレーン・デリック運転士の資格取得後は、ビルの建設現場や工場、土木関連の企業での就職が見込めるようになります。

クレーン・デリック運転士になるとどんな悩みが解決できる?

クレーン・デリック運転士になると、自身のスキルや知識を活かして、次のような悩み・問題の解決に貢献できるようになります。

クレーン・デリック運転士が解決できること
  • 人間の力では運べない、大きくて重たい荷物を運べる
  • クレーンやデリックを安全に操縦することで、怪我や荷物の損傷といった事故を未然に防ぐ

クレーン・デリック運転士の資格を取れる人はどんな人?(取得条件・受験資格)

クレーン・デリック運転士の国家試験は、学歴や職歴を問わずどなたでも受験できます。ただし、18歳以上になるまで免許証は交付されません。

取得にかかる費用

クレーン・デリック運転士の国家試験にかかる受験料は、学科試験が6,800円、実技試験が11,100円です。

クレーン・デリック運転士はどんな人におすすめの資格?

クレーン・デリック運転士は、次のような人に取得がおすすめの資格です。

クレーン・デリック運転士の資格取得がおすすめな人
  • 建設・工事関連企業での就職を有利に進めたい人
  • 操縦能力だけでなく、安全管理能力もある人(鉄骨の穴に小さなボルトを通す際のオペレーター作業や、危険な業務を行う際には念入りに計画を立てて周囲に呼びかける、といった業務も発生するため)
  • 比較的高収入の仕事に就きたい人(平均年収は450万円程)

どこが管理している資格なの?(問い合わせ先・管理団体)

クレーン・デリック運転士の国家資格を認定しているのは厚生労働省で、国家試験を実施しているのは「公益財団法人 安全衛生技術試験協会」です。その年の試験日程や会場、受験申請に必要な手続きについては、下記のHPからご確認ください。

▼ 公益財団法人 安全衛生技術試験協会

まとめ:クレーン・デリック運転士は、将来性・年収ともに安定したおすすめの資格!

クレーン・デリック運転士は建設や土木業界で常に必要とされる職種で、女性でも就職しやすく、また高収入が見込めるおすすめの国家資格です。将来性の安定した職に就きたい方は、ぜひ資格取得に向けてトライを。

コメント

タイトルとURLをコピーしました