歯科医師の資格を取るとどんなメリットがある?

患者を診察する歯科医師メディカル・コメディカル
この記事は約4分で読めます。

歯がしみたり、虫歯かな?と思ったときに受診する歯科医院で、実際に施術をしてくれるのが「歯科医師(歯医者)」です。今回はそんな歯科医師とはどんな資格か、具体的な業務内容や資格の取得方法などを紹介していきます。

歯科医師とは、どんな資格?

歯科医師とは、虫歯や歯周病といった歯や舌、あごなど口腔内全般の病気を治療する専門職です。治療だけでなく、歯磨きの指導や定期検診を通じて病気の予防も担い、歯科技工士や歯科衛生士、歯科助手と協力し、チームで患者の治療にあたります。

大学の歯学部で6年間の教育を受け、国家試験に合格した人が、歯科医師の国家資格を得ることができます。また、医療法により診療科名は「歯科」「小児歯科」「矯正歯科」「歯科口腔外科」の4つに分けられており、それぞれで仕事内容が下記のように異なります。

歯科
主に虫歯や歯周病の治療・予防、詰め物や入れ歯、差し歯の作製、装着、歯石・歯垢の除去を行います。歯磨き指導や学校などの歯科検診に携わることもあります。
小児歯科
0歳児〜高校生までの子供を対象に、虫歯の治療や予防、歯並び、噛み合わせのチェック、歯磨きや食生活の指導を行います。永久歯への生え変わりや指しゃぶりに関する相談にも乗ります。
矯正歯科
歯並びや噛み合わせの治療を行います。ブラケットと呼ばれる装置を歯につけ、少しずつ歯を動かしていくため、治療は長期にわたることが一般的です。
歯科口腔外科
切開が必要な親知らずの抜歯や顎関節症の治療、口内の外傷や粘膜、舌の異変などを診察します。

最近はこの他に、ホワイトニングやセラミックを使った見た目の改善を行う「審美歯科」も増えてきています。

学ぶ知識・技術

歯科医師になるには、歯学部で6年間学んだ後で「歯科医師国家試験」に合格する必要があります。この試験では、「臨床上必要な歯科医学・口腔衛生に関して、歯科医師として持つべき知識および技能」が問われます。

歯科医師で目指せる職業、就職先は?

歯科医師の国家資格取得後、多くの人は歯科診療所に就職します。そのうち半数以上は開業医ですが、大学付属病院の医局や歯科クリニックの勤務医になる人も少なくありません。

また割合としては少ないですが、厚労省で「医系技官」、自衛隊で「歯科医官」として公務員の道に入る選択肢もあります。

歯科医師になるとどんな悩みが解決できる?

歯科医師になると、下記のような悩み・問題の解決に役立てるのが強みです。

歯科医師が解決できること
  • 歯の治療をすることで、食事が食べられないといった生活上の不具合を解消する
  • 口腔内の健康を整えることで、心臓病などの全身の病気の予防につなげる

歯科医師の資格を取れる人はどんな人?(取得条件・受験資格)

歯科医師の国家資格を取得するには、「歯科医師国家試験」に合格する必要があります。受験資格は下記の通りです。

歯科医師国家試験の受験資格(以下のいずれかに該当する者)

  1. 大学において、歯学の正規の課程を修めて卒業した者・あるいは卒業見込みの者
  2. 歯科医師国家試験予備試験に合格した者で、合格した後1年以上の診療及び口腔衛生に関する実地修練を経た者
  3. 外国の歯科医学校を卒業、または外国で歯科医師免許を得た者であって、厚生労働大臣が1または2と同等以上の学力及び技能を有し、かつ適当と認定した者

取得にかかる費用

歯科医師国家試験にかかる受験手数料は、18,900円です。

歯科医師はどんな人におすすめの資格?

歯科医師は、下記のような人に取得がおすすめの資格です。

歯科医師の資格取得がおすすめな人
  • 手先が器用で集中力のある人(歯を削る、噛み合わせを調整するといった細かな作業を続けるため)
  • 患者の要望に応じた処置ができる人
  • 知識の習得を続け、新しい技術や治療法を取り入れられる人
  • (開業医になる場合)経営戦略を立て、人材管理をうまく行える人
  • 一緒に働く歯科衛生士や歯科助手、歯科技工士とうまく連携し、チーム作業が行える人

どこが管理している資格なの?(問い合わせ先・管理団体)

歯科医師の資格を管理し、国家試験を実施しているのは「厚生労働省」です。その年の試験日程や会場、受験申請に必要な手続きについては、下記のHPからご確認ください。

▼ 厚生労働省

試験に関する手続き及び問い合わせ先

歯科医師国家試験運営本部事務所
住所:東京都墨田区江東橋2丁目2番3号 倉持ビルディング第2ビル6階
電話番号:03-6659-9687

まとめ:歯科医師は、高年収で将来性も安定した国家資格!

歯科医師の平均年収は、勤務医で約700万円、開業医で約1,000万円とかなり高収入です。開業する場合は手先の器用さだけでなく、別の歯科医院との競争に勝つ経営戦略が必要になりますが、新しい治療技術を取り入れていく努力を絶やさなければ、将来性も安定しているといえるでしょう。手先が器用で医学に興味のある人はぜひ、資格取得に向けてトライを!

コメント

タイトルとURLをコピーしました