テクニカルイラストレーション技能士の資格を取るとどんなメリットがある?

CADで立体図面を作成するテクニカルイラストレーション技能士IT・PC系
この記事は約5分で読めます。

設計図を見ても全体像が掴めない人にも構造が伝わるように、イラストを作成する専門職が「テクニカルイラストレーション技能士」です。このテクニカルイラストレーション技能士の役割や資格の取得方法、取得によるメリットなどをお伝えしていきます。

テクニカルイラストレーション技能士とは、どんな資格?

テクニカルイラストレーションは、工業製品のカタログや取扱説明書などに用いられる製品・部品の立体図です。その立体図をパソコンやCADで作るプロフェッショナルが「テクニカルイラストレーション技能士」で、国家試験である技能検定制度の一種でもあります。

縦と横から見た平面図だけでは製品の形を読み取りにくいですが、平面図から投影図法を用いた立体図を提供することで、消費者はどんな製品かのイメージが一気に掴みやすくなります。例えばプラモデルや家電製品、オーディオなどの説明書で、テクニカルイラストレーション技能士が手がけた立体図を見かける機会があるでしょう。工業製品の販売や技術サービス関連のドキュメントには、必要不可欠な情報伝達ツールといえます。

学ぶ知識・技術

テクニカルイラストレーション技能士の資格を取得するには、「テクニカルイラストレーション技能検定試験」に合格する必要があります。検定は1級・2級・3級に区分され、それぞれ実技試験と学科試験があります。手書きかCADかは受験申込時に選択する仕様で、試験内容は下記の通りです。

テクニカルイラストレーション技能検定試験(1級)

実技試験(4時間30分)
第三角法で描かれた課題図に示す組立図から、等角図(等測図)で立体組立断面図を作成する
学科試験(1時間40分)
  • 製図
  • 立体図
  • 関連基礎知識
  • 立体図作成法
  • CAD

テクニカルイラストレーション技能検定試験(2級)

実技試験(3時間30分)
第三角法で描かれた課題図に示す組立図及び部品図から、等角投影図(等測投影図)で立体分解図(分解立体図)を作成する
学科試験(1時間40分)
  • 製図
  • 立体図
  • 関連基礎知識
  • 立体図作成法
  • CAD

テクニカルイラストレーション技能検定試験(3級)

実技試験(2時間)
第三角法で描かれた課題図から、等角投影図(等測投影図)で、立体外観図(姿図)を作成する
学科試験(30分)
  • 製図
  • 立体図
  • 立体図作成法
  • CAD

テクニカルイラストレーション技能士で目指せる職業、就職先は?

テクニカルイラストレーション技能士の資格取得後に目指せる主な就職先は、次の通りです。

  • メーカーのサービス部門
  • 中小のテクニカルイラスト制作会社
  • マニュアル制作会社 など

テクニカルイラストレーション技能士になるとどんな悩みが解決できる?

テクニカルイラストレーション技能士になると、自身の知識やスキルを活かして下記のような悩み・問題を解決できます。

テクニカルイラストレーション技能士が解決できること
  • 工業製品のデザインの立体図を作ることで、それがどんな製品か、消費者が視覚的に把握できるようにサポートする

テクニカルイラストレーション技能士の資格を取れる人はどんな人?(取得条件・受検資格)

テクニカルイラストレーション技能士の国家資格を取得するには、テクニカルイラストレーション技能検定試験に合格する必要があります。1級・2級・3級それぞれの受検資格は、下記の通りです。

テクニカルイラストレーション技能検定試験の受検資格

テクニカルイラストレーション技能検定試験(1級)
  • テクニカルイラストレーション作図に関して7年以上の実務経験を有する方
  • テクニカルイラストレーション技能検定試験の2級取得後、2年以上の実務経験を有する方
  • テクニカルイラストレーション技能検定試験の3級取得後、4年以上の実務経験を有する方
テクニカルイラストレーション技能検定試験(2級)
  • テクニカルイラストレーション技能検定試験の3級を取得している方
  • テクニカルイラストレーション作図に関して2年以上の実務経験を有する方
テクニカルイラストレーション技能検定試験(3級)
  • 高等学校、短期大学、高等専門学校、大学においてテクニカルイラストレーション作図に関する学科に在籍している方、または卒業された方
  • テクニカルイラストレーション作図に関する職業訓練課程(一定の訓練課程に限る)に在籍している方または修了された方
  • テクニカルイラストレーション作図に関して半年以上の実務経験を有する方

取得にかかる費用

テクニカルイラストレーション技能検定試験の受検にかかる費用は、学科試験が3,100円、実技試験が17,900円です(都道府県によって異なる場合があります)。

テクニカルイラストレーション技能士はどんな人におすすめの資格?

テクニカルイラストレーション技能士は、次のような人に取得がおすすめの資格です。

テクニカルイラストレーション技能士の資格取得がおすすめな人
  • イラストを作成する仕事に就きたい人
  • 想像力と表現力がある人
  • CADの知識がある人
  • 3DCGの知識がある人

どこが管理している資格なの?(問い合わせ先・管理団体)

テクニカルイラストレーション技能士の資格を管理し、技能検定試験を実施しているのは、「中央職業能力開発協会(JAVADA)」です。級ごとに試験日程などは異なるので、詳しくは公式HPからご確認ください。

▼ 中央職業能力開発協会(JAVADA)

まとめ:3D技術を持つテクニカルイラストレーション技能士の社会的ニーズは高い!

近年はコンピュータを使用したイラスト制作が一般化し、3Dなど高度な表現技術に精通した人材の需要は高まりつつあります。実務経験を積んだ後はフリーランスで働くことも可能なので、イラスト作成を生業にしたい方は、テクニカルイラストレーション技能検定の3級からトライしてみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました