チャイルド心理カウンセラーの資格を取るとどんなメリットがある?

チャイルド心理カウンセラーの仕事やりがい・夢を与える
スポンサーリンク
アクシスコンサルティング株式会社バナー

チャイルド心理カウンセラー(旧:チャイルド心理ヘルスカウンセラー)の資格を取得すると、子どもの心理や心の成長・発達に関する知識を習得していることを証明できます。この記事ではチャイルド心理カウンセラーに求められる知識、試験の受験費用や受験資格、資格取得のメリットを解説します。

スポンサーリンク

チャイルド心理カウンセラーとは、どんな資格?

チャイルド心理カウンセラーとは、0歳から10代の思春期までの子どもの心理や成長・発達を十分に理解し、親が抱える育児などに関する悩みや問題に対して、カウンセリングを行うための技能や知識を習得していることを証明する資格です。

チャイルド心理カウンセラーが対象とする子どもの年代
  • 胎児期
  • 乳児
  • 幼児
  • 学童
  • 思春期

以前は「チャイルド心理ヘルスカウンセラー」という名称の資格でしたが、「チャイルド心理カウンセラー」へと変更されました。名称変更による試験範囲や合格基準などの変更は発生していません。

チャイルド心理カウンセラーが習得する知識
  • 子どもとお母さんの関係
  • 子どもとお父さんの関係
  • 家族構成が成長に与える影響や違い
  • 子どもの性格
  • 子どもの仕草
  • 赤ちゃんが泣く心理
  • 赤ちゃんの気持ちの動き方
  • 会話が与える親子関係への影響
  • 小学校低学年から高学年、中学校にかけての発達と心理
  • 子どもが喧嘩をする原因
  • 学校と子ども
  • ギャングエイジや反抗期などの接し方 など

学ぶ知識・技術

チャイルド心理カウンセラーの資格を取得するには、チャイルド心理資格検定試験に合格する必要があります。

チャイルド心理カウンセラー試験で求められる知識
  • モチベーションと動機づけ
  • 子どもの話の聞き方
  • 話しやすい環境と態度
  • 問題行動
  • 思春期心性
  • 思春期危機
  • 自立と解決
  • 体の変化と心の変化 親の心構え
  • 友だちをめぐる問題 など

試験では、70%以上の評価を得ることで合格となります。

チャイルド心理カウンセラーで目指せる職業、就職先は?

チャイルド心理カウンセラーの資格が直接的に就職に役立つとは限りません。ただし下記の職種の仕事をする上で、チャイルド心理カウンセラーが習得している知識が役立つでしょう。

  • 幼稚園・保育園
  • 学童保育施設
  • 学習塾 など

上記の就職先のほか、チャイルド心理カウンセラーの資格保有者が地域の育児に関する勉強会などで講師として活躍することもあります。

チャイルド心理カウンセラーを取得するとどんな悩みが解決できる?

チャイルド心理カウンセラーの資格を取得すると、下記の悩みや課題の解決に貢献できます。

チャイルド心理カウンセラーが解決できること
  • 学童期の子どもの心理や思春期の子どもの心理について、親の理解を促す
  • 親子の信頼関係確立をサポートする
  • 子どものストレスに対して、親がどのような精神的サポートするのがよいかアドバイスできる

チャイルド心理カウンセラーの資格を取れる人はどんな人?(取得条件・受験資格)

チャイルド心理カウンセラーの試験の受験資格に制限はありません。

取得にかかる費用

チャイルド心理カウンセラーの試験の受験料は、10,000円(税込)です。

チャイルド心理カウンセラーの試験日程

チャイルド心理カウンセラーの試験は、年に六回実施されます。在宅での受験となります。

チャイルド心理カウンセラーはどんな人におすすめの資格?

チャイルド心理カウンセラーは、子どもの心理や発達に関心がある人におすすめの資格です。また、育児に関する親や保護者の悩みに寄り添い、的確なアドバイスをする能力も求められます。

チャイルド心理カウンセラーの資格取得がおすすめな人
  • 子どもの心理や発達に関心がある人
  • 保育士や幼稚園教諭の資格保有者
  • 教育業界で働く人
  • 心理的なアドバイスを通して育児をサポートしたい人

どこが管理している資格なの?(問い合わせ先・管理団体)

チャイルド心理カウンセラーの資格を認定しているのは、日本メディカル心理セラピー協会です。試験の詳細や申込については、下記HPから確認してください。

▼ 日本メディカル心理セラピー協会

まとめ:知識を活かして子どもの心の成長や保護者の育児をサポート

チャイルド心理カウンセラーの資格取得を通して、子どもの心に寄り添うことや育児に悩む保護者にアドバイスをすることができます。教育業界で働く人や育児や子どもの成長に関心がある人は、資格取得を検討してみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました