家電製品アドバイザーの資格を取るとどんなメリットがある?

家電製品アドバイザーの仕事やりがい・夢を与える
スポンサーリンク
アクシスコンサルティング株式会社バナー

家電を選ぶとき、製品の種類が多くて困る人は多いものです。そんなときに頼りになるのが、家電製品アドバイザーです。家電選びや設置方法、関連法規に関する知識を有した家電のプロフェッショナルとして、適切なアドバイスをしてくれます。

この記事では、家電製品アドバイザーの認定試験について資格要件や受験料、更新の必要の有無などを解説します。

スポンサーリンク

家電製品アドバイザーとは、どんな資格?

家電製品アドバイザーとは、家電の販売や営業、接客のプロフェショナルを認定する民間資格です。消費者が商品を選択したり、使用方法や不具合対応、廃棄などについて疑問があるときに、的確にリードしてアドバイスする能力があるかを認定します。

家電製品アドバイザーの資格要件は次のように定められています。

  • 販売実務知識、接客マナーおよびコミュニケーション力を持っている。
  • 対象品目の基本動作原理・仕組み、上手な使い方、安全な使い方、禁止事項などに関する知識があり、分かりやすく説明できる。
  • 据付、接続、セットアップ、調整等に関する技術知識ならびに設置に関する業務知識を有し、適切なアドバイスができる。
  • 不具合発生時の一次対応力を有していること、および、故障と間違われやすい事象について製品故障か使用方法の不適切かの切り分けができる。
  • 省エネに関する基本知識を有し、各製品の省エネ機能などの使用方法や効果的な節電方法などについて適切なアドバイスができる。
  • 電気安全に関する知識を有し、適切なアドバイスができる。
  • 「消費者保護」「製品安全」「省エネ・ 環境」等の関連法規に関する知識を有し、 適切な運用ができる 。
  • 家電関連技術や家電製品の先端動向など、消費者が関心を寄せる時事的なテーマについて適切かつ分かりやすく説明できる。

家電製品アドバイザーの資格は、下記の3種類に分けられます。

家電製品アドバイザーの種類
  • AV情報家電
  • 生活家電
  • 総合資格

総合資格は、AV情報家電と生活家電の2種類ともに合格することで認定されます。
家電製品アドバイザーの資格の有効期間は5年間で、資格更新制度が設けられています。

学ぶ知識・技術

家電製品アドバイザーになるには、試験に合格する必要があります。

試験科目
  • AV情報家電:商品知識と取扱い
  • 生活家電:商品知識と取扱い
  • 共通科目:CSと関連法規
合格基準
原則、全ての科目で概ね70%以上の正答率

家電製品アドバイザーで目指せる職業、就職先は?

家電製品アドバイザーの資格を取得すると、家電量販店や家電を取り扱う小売店などへの就職・転職のときに自己アピールにつながるでしょう。

家電製品アドバイザーを取得するとどんな悩みが解決できる?

家電製品アドバイザーの資格を取得すると、下記の悩みや課題の解決に貢献できます。

家電製品アドバイザーが解決できること
  • 複雑化・高機能化する家電製品について、その違いを正しく理解できる
  • 家電に関する販売・接客レベルが向上する
  • 家電販売に関するコンプライアンス意識向上につながる

家電製品アドバイザーの資格を取れる人はどんな人?(取得条件・受験資格)

家電製品アドバイザー試験の受験資格に制限はありません。

取得にかかる費用

家電製品アドバイザーの資格取得にかかる費用は次のように定められています。

  • AV情報家電・生活家電の両資格を受験(3科目)する場合:15,600円
  • AV情報家電・生活家電のいずれかを受験(2科目する場合:9,400円
  • 試験科目の免除により2科目を受験する場合:12,400円
  • 試験科目の免除により1科目を受験する場合:6,200円

家電製品アドバイザー試験の日程

家電製品アドバイザーの資格認定試験は、毎年3月と9月の年2回実施されます。受験者は、全国のCBT試験会場(テストセンター)に設置されたパソコンで受験します。

家電製品アドバイザーはどんな人におすすめの資格?

家電製品アドバイザーの資格が仕事で役立つのは、主に家電量販店のスタッフです。また、電化製品のメーカーで働く人が、スキルアップを兼ねて資格取得することもあるでしょう。

家電製品は年々複雑化しており、ひとつのカテゴリでもさまざまな価値のついた製品が開発されています。消費者のニーズを満たす製品がどれなのか、豊富な知識で答えられるのが家電製品アドバイザーです。

家電製品が好きな人が、趣味や生活の充実として資格取得を目指すのもおすすめです。

家電製品アドバイザーの資格取得がおすすめな人
  • 家電量販店で働く人
  • 電化製品のメーカーで働く人
  • 人にものをおすすめするのが好きな人

どこが管理している資格なの?(問い合わせ先・管理団体)

家電製品アドバイザーの資格を管理しているのは、一般財団法人 家電製品協会です。試験の詳細や申込については下記HPから確認してください。

▼ 一般財団法人 家電製品協会

まとめ:家電製品アドバイザー仕事のスキルアップや趣味の充実におすすめ

家電製品は料理や美容などさまざまなカテゴリから多くの種類の製品が開発・販売されています。消費者が本当に欲しいものを選べるように、家電製品アドバイザーは膨大な数の家電製品の中から適切なものが何かアドバイスするのが仕事です。家電好きな人が趣味として取得をチャレンジしても役に立つでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました