C言語プログラミング能力検定試験の資格を取るとどんなメリットがある?

C言語プログラミング能力検定のメリットIT・PC、事務系
スポンサーリンク
アクシスコンサルティング株式会社バナー

C言語エンジニアやC言語プログラマの職種に就職・転職したい人が履歴書に書ける資格のひとつ「C言語プログラミング能力検定試験」です。

この記事では、C言語プログラミング能力検定試験の1級・2級・3級の違い、資格取得のメリット、試験の難易度などを解説します。

スポンサーリンク

C言語プログラミング能力検定試験とは、どんな資格?

C言語プログラミング能力検定試験とは、C言語を駆使し、言語処理系、ユーティリティなど応用プログラムを作成する能力を認定する資格です。

C言語プログラミング能力検定試験は、1級、2級、3級にレベルが分かれています。

1級
C言語を駆使し、応用プログラム(言語処理系、ユーティリティなど)が作成できる。また、使用しているOSについて理解できる。
2級
小規模のプログラム(500行程度)について、理路整然に簡潔かつ正しく、速く書くことができる。また、各種基本アルゴリズムを理解できる。
3級
C言語の概念を理解し、簡単なプログラムを書くことができる。

学ぶ知識・技術

C言語プログラミング能力検定を取得するためには、試験に合格する必要があります。どの級においても、日本工業規格 (JIS)X3010 で出題されます。

合格基準は、どの級においても60%以上の得点率です。

1級

パソコン使用
事前に公開しているテーマプログラム(1700行程度)に対する仕様変更、仕様追加に対応したプログラム作成(コーディング・入力・コンパイル・デバッグを含む)、および変更仕様書の作成を行う試験

1級(公開試験)で使用する環境は、下記のように定められています。

コンパイラ
  • Borland C++ Compiler 5.5
  • JIS X 3010-1993に対応
エディタ
  • TeraPadまたはメモ帳
  • 文字コード:SHIFT-JIS、改行コード:CR+LF

2級

C言語プログラミングに必要なプログラミング知識・技能を出題範囲に従って出題(プログラムの空欄を補完する問題を含む)。

公開試験
リモートwebテスト:ブラウザ上に提示される多岐選択式問題について、ブラウザ上の解答箇所から選択。
団体試験
リモートwebテストまたは筆記試験

3級

C言語プログラミングに必要なプログラミング知識・技能を出題範囲に従って出題(プログラムの空欄を補完する問題を含む)。

公開試験
リモートwebテスト:ブラウザ上に提示される多岐選択式問題について、ブラウザ上の解答箇所から選択。
団体試験
リモートwebテストまたは筆記試験

C言語プログラミング能力検定試験で目指せる職業、就職先は?

C言語プログラミング能力検定試験を取得すると、C言語エンジニアやC言語プログラマとしてIT業界への就職・転職を目指しやすくなります。

特に2級以上を取得していると、仕事に役立つC言語スキルを有していることを証明できます。

C言語プログラミング能力検定試験を取得するとどんな悩みが解決できる?

C言語プログラミング能力検定試験を取得すると、下記の悩みや課題の解決に貢献できます。

C言語プログラミング能力検定試験が解決できること
  • C言語を使用した開発を進めることができる
  • 産業を支えるエンジニア・プログラマとして活躍できる

C言語プログラミング能力検定試験の資格を取れる人はどんな人?(取得条件・受験資格)

C言語プログラミング能力検定試験の受験資格には、学歴、年齢等に制限はありません。

取得にかかる費用

C言語プログラミング能力検定試験の受験料は、各級で次のように定められています。

  • 1級:7,800円
  • 2級:6,400円
  • 3級:5,200円

C言語プログラミング能力検定試験の日程

C言語プログラミング能力検定試験は、1級と2級は年二回、3級は年三回実施されます。

C言語プログラミング能力検定試験はどんな人におすすめの資格?

C言語プログラミング能力検定試験は、累計受験者数が18万人を超える試験です(2021年3月31日時点)。受験資格に制限はないことに加えて合格率は64.0%程度ですので、未経験者でも勉強次第で合格を目指せる資格といえます。

C言語はさまざまな分野で使用されているため、C言語スキルは将来的にも需要が長く続くことが見込まれます。大企業などに就職・転職ができれば高収入も期待できます。IT業界で安定した職種で働きたい人にとって、C言語プログラミング能力検定の資格保持者であることは就職・転職に役立つでしょう。

C言語プログラミング能力検定試験の資格取得がおすすめな人
  • C言語エンジニアやC言語プログラマを目指す人
  • 安定した職に就きたい人

どこが管理している資格なの?(問い合わせ先・管理団体)

C言語プログラミング能力検定試験は、サーティファイ情報処理能力認定委員会が管理しています。試験の詳細や申込については下記HPから確認してください。

▼ サーティファイ情報処理能力認定委員会

まとめ:C言語エンジニアやC言語プログラマを目指す人におすすめ!

C言語プログラミング能力検定試験は、C言語エンジニアやC言語プログラマを目指す人におすすめの資格です。IT業界は新しいスキルや知識の習得が常に求められますので、希望の業界や職種に就職が成功した後も、さらなるスキルアップを目指してくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました