パソコン基礎検定試験の資格を取るとどんなメリットがある?

パソコン基礎検定試験を受験する子どもIT・PC、事務系
スポンサーリンク
アクシスコンサルティング株式会社バナー

子どもも受験できる資格に、パソコンスキルを問う「パソコン基礎検定試験」があります。タイピングや文書作成など将来的に仕事に役立つスキルが身に付く資格ですが、試験の内容や資格取得のメリットにはどんなものがあるのでしょう。

この記事では、パソコン基礎検定試験の概要や大人も受験可能なのか解説していきます。

スポンサーリンク

パソコン基礎検定試験とは、どんな資格?

パソコン基礎検定試験は小学生・中学生を想定し、パソコンを操作する上で必要な知識やテクニックを問う試験です。小・中学生以外でも受験可能で、パソコンの基礎的な操作方法を理解しているか知りたい人におすすめです。

パソコン基礎検定試験では、下記の能力や知識が問われます。

  • タイピング技術
  • 文書作成
  • 表計算
  • インターネットの使用方法 など

Microsoft WordやExcel、表計算の基礎を習得し、将来必要となるパソコンスキルの基礎固めに役立てることができます。

学ぶ知識・技術

パソコン基礎検定試験では、パソコンを使いこなすスピードを重視して評価します。使用ソフトは、Microsoft WordおよびExcelです。

試験は1級から6級までにレベル分けがされています。

1級

入力速度(10分)
正味900字以上
文書作成(30分)
表や図を配置した文書作成
表計算・グラフ(分)
表計算機能の利用とグラフ作成(棒・線・積み上げ・円グラフ)

2級

入力速度(10分)
正味600字以上
文書作成(30分)
表や図を配置した文書作成
表計算・グラフ(分)
表計算機能の利用とグラフ作成(棒・線・積み上げ・円グラフ)

3級

入力速度(10分)
正味400字以上
文書作成(30分)
簡単な表を配置した文書作成
表計算・グラフ(分)
表計算機能の利用とグラフ作成(棒グラフ)

4級

入力速度(10分)
正味300字以上
文書作成(30分)
文書作成
表計算・グラフ(分)
表計算機能の利用とグラフ作成(棒グラフ)

5級

入力速度(10分)
正味250字以上
文書作成(30分)
文書作成
表計算・グラフ(分)
5級・6級は表計算・グラフの試験がありません。

6級

入力速度(10分)
正味200字以上
文書作成(30分)
文書作成
表計算・グラフ(分)
5級・6級は表計算・グラフの試験がありません。

合格点は、いずれの級も100点満点のうち70点以上です。

パソコン基礎検定で目指せる職業、就職先は?

パソコン基礎検定は、直接的に就職や転職に役立つ資格とはいえません。小学生や中学生を受験者に想定し、一生使えるパソコンスキルの基礎固めを促進することを目的とした資格です。

パソコン基礎検定を取得するとどんな悩みが解決できる?

パソコン基礎検定を取得すると、下記の悩みや課題の解決に貢献できます。

パソコン基礎検定試験で解決できること
  • 高校や大学のレポート作成などに活かせるパソコンスキルが身に付く
  • 基礎的なパソコン操作習得により、パソコン関連のスキルアップがスムーズになる
  • パソコンやインターネットの操作に慣れ親しむ

パソコン基礎検定の資格を取れる人はどんな人?(取得条件・受験資格)

パソコン基礎検定試験の受験資格に、国籍・性別・年齢の制限はありません。誰でも受験可能です。合格者には、合格証書及び認定カードが交付されます。

取得にかかる費用

パソコン基礎検定試験の受験費用は、級によって異なります。

  • 1級:3,000円
  • 2級:2,700円
  • 3級:2,500円
  • 4級:2,200円
  • 5級:2,000円
  • 6級:2,000円

パソコン基礎検定試験試験の日程

パソコン基礎検定試験の試験日や試験開始時間は、会場によって異なります。

  • パソコン教室に通っている場合で、教室が試験の認定会場であれば教室で受験可能
  • パソコン教室に通っていない人、通っていても教室が認定会場でない場合は、外部受験者受入会場で受験可能

試験を受験する認定会場または外部受験者受入会場で、試験実施日と時間を確認しましょう。

パソコン基礎検定試験はどんな人におすすめの資格?

パソコン基礎検定は誰でも受験可能ですが、小学生・中学生を想定した難易度が設定されています。そのため、仕事に役立つ実践的あるいは専門的なパソコン能力の資格取得を目指す社会人にとっては物足りなく感じるでしょう。

ただし、子どもにパソコン基礎検定取得をすすめたい大人で、親子で一緒に資格取得にチャレンジすると、資格取得を通した親子コミュニケーションにつながります。

パソコンスキル基礎検定試験に合格した後、プログラミングやロボット関連の資格にチャレンジするなど、能力を伸ばすきっかけとしてもおすすめです。

パソコン基礎検定の資格取得がおすすめな人
  • パソコンスキルの基礎を身に付けたい小・中学生
  • プログラミングなどITスキルをこれから伸ばしていきたい子ども
  • 子どもと一緒に資格取得にチャレンジしたい大人
  • 初歩的・基礎的なパソコンスキルを習得したい人

どこが管理している資格なの?(問い合わせ先・管理団体)

パソコン基礎検定試験は、一般財団法人 全日本情報学習振興協会が管理しています。試験の詳細や申込は下記HPから確認してください。

▼ 一般財団法人 全日本情報学習振興協会

まとめ:子どもの基礎的なパソコンスキル習得にぴったり

パソコンやITが身近にあるのが当たり前のデジタルネイティブ世代がどんどん増えており、パソコンスキルは必ず身に付けたい能力となりました。パソコン基礎検定試験は、小学生・中学生がチャレンジするのにぴったりなパソコン関連資格です。スキル習得のほか、試験合格を通して自信や集中力の育みにもつながりますので、親子で受験するのもおすすめですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました