本メディアではアフィリエイト広告を利用していますが、コンテンツ制作はプロコミ編集部が独自で行っています。メーカー等はコンテンツの内容や商品のランキング・評価等の決定に一切関与していません。

Flashクリエイター能力認定試験の資格を取るとどんなメリットがある?

FLASHクリエイター能力認定試験IT・PC、事務系
スポンサーリンク

IT系資格の「Flashクリエイター能力認定試験」はWebコンテンツ制作に携わる人におすすめです。この記事ではFlashクリエイター能力認定試験の上級と初級の試験概要、受験費用、受験資格などを解説します。スキルアップを目指す人は受験を検討してみましょう。

スポンサーリンク

Flashクリエイター能力認定試験とは、どんな資格?

Flashクリエイター能力認定試験とは、Flashを用いたビジュアルなWebコンテンツ作成技術について、操作能力・知識と、提示された素材・テーマから仕様に従って作品を仕上げる能力を認定する試験です。

エンジニアやデジタル分野のクリエイターとして活躍する際、Flashに関する知識やスキルを有していることを客観的に証明できます。

学ぶ知識・技術

Flashクリエイター能力認定試験を取得するためには、試験に合格する必要があります。各級の試験内容は下記の通りです。合格基準は、全級ともオブジェクト作成部門の特典率が65%以上、タイムライン作成部門の特典率が70%以上です。

上級

上級試験では、高度なアクションスクリプトや詳細なプロパティ設定を行うことができ、よりインタラクティブなWebコンテンツを作成できるかを評価します。

  • オブジェクト作成部門:90分
  • タイムライン作成部門:90分<>/li

初級

初級試験では、Flashの機能や作成方法の概要を理解し、文字や簡単な図形を駆使したWebコンテンツを作成できるかを評価します。

  • オブジェクト作成部門:90分
  • タイムライン作成部門:60分<>/li

出題形式

Flashクリエイター能力認定試験の出題形式は、オブジェクト作成部門とタイムライン作成部門があります。

オブジェクト作成部門
内容:Flash®の操作によるアートワークの作成
形式:実技試験
題数:テーマ別、大問、8~10問程度

問題文は問題冊子が配布され、テーマ・指示に従いハードディスクまたはUSB上に解答を作成し、USBに保存して提出します。

タイムライン作成部門
内容:Flash®の操作によるインタラクティブムービーの作成
形式:実技試験
題数:1テーマ

問題文は問題冊子が配布され、テーマ・指示に従いハードディスクまたはUSB上に解答を作成し、USBに保存して提出します。

Flashクリエイター能力認定試験で目指せる職業、就職先は?

Flashクリエイター能力認定試験を取得すると、システム開発やアプリ開発といったエンジニアの就職・転職に活かすことができます。フリーランスのエンジニアにとっても、自己のスキルをアピールしやすくなるでしょう。

Flashクリエイター能力認定試験を取得するとどんな悩みが解決できる?

Flashクリエイター能力認定試験を取得すると、下記の悩みや課題の解決に貢献できます。

Flashクリエイター能力認定試験が解決できること
  • ビジュアル表現を効果的に使用したシステム・サービスを開発できる
  • インタラクティブなコンテンツを作成することができる

Flashクリエイター能力認定試験の資格を取れる人はどんな人?(取得条件・受験資格)

Flashクリエイター能力認定試験の受験資格に制限はありません。

取得にかかる費用

Flashクリエイター能力認定試験の受験料は、上級と初級で下記のように定められています。

  • 上級:7100円
  • 初級:6500円

Flashクリエイター能力認定試験はどんな人におすすめの資格?

Flashクリエイター能力認定試験の合格率は約80%です。IT系資格の中では易しめのレベルといえますので、しっかりと準備をすれば合格を目指すことができるでしょう。

Flashクリエイター能力認定試験の資格取得がおすすめな人
  • Flash技術についてスキルアップを目指す人
  • ITスキルの磨きたい人

どこが管理している資格なの?(問い合わせ先・管理団体)

Flashクリエイター能力認定試験を主催・運営しているのは、サーティファイです。
試験の詳細や申込については、下記URLから確認してください。

▼ サーティファイ

まとめ:Flashクリエイター能力認定試験でスキルアップ!

Flashクリエイター能力認定試験はエンジニアやクリエイターのスキルアップにぴったりの試験です。試験の合格率は高めですので、しっかりと準備をして資格取得を目指しましょう。

コメント