本メディアではアフィリエイト広告を利用していますが、コンテンツ制作はプロコミ編集部が独自で行っています。メーカー等はコンテンツの内容や商品のランキング・評価等の決定に一切関与していません。

モバイル技術基礎検定の資格を取るとどんなメリットがある?

モバイル技術基礎検定試験IT・PC、事務系
スポンサーリンク

今や携帯やスマートフォンは誰もが持っているツールになりました。モバイル業界やIT業界への就職を目指す人も多いはず。この記事では「モバイル技術基礎検定」について、試験の概要や受験費用、資格取得のメリットなどを解説します。

スポンサーリンク

モバイル技術基礎検定とは、どんな資格?

モバイル技術基礎検定とは、スマートフォンなどのモバイル端末に関する技術の基礎知識について測定する検定試験です。モバイル技術基礎検定はIT系スキルを証明できる民間資格です。ITSS(ITスキルスタンダード)では、レベル1~2相当となります。「ITパスポート試験」は、ITSSレベル1~1、「基本情報技術者試験」はITSSレベル1~3に相当すると考えられていますので、モバイル技術基礎検定は基礎力を磨くための試験といえます。

モバイルの機器やソフトウェア開発に携わる人はモバイル技術基礎検定を取得することで、機器・ソフトウェア・コンテンツなどに関する、総合的な基礎力のブラッシュアップにつながるでしょう。

学ぶ知識・技術

モバイル技術基礎検定を取得するためには、試験に合格する必要があります。試験に対応するテキストは『モバイル基礎テキスト』です。

試験時間・出題数
60分60問(4者択一)
試験方式
CBT方式
出題カテゴリ
  • スマートフォン・モバイル端末(商品・サービス)の知識
  • コンテンツとアプリに関する知識
  • 通信・通話の仕組みに関する知識
  • インターネットに関する知識
  • モバイル機器のハードウェアとソフトウェアに関する知識
  • 情報セキュリティに関する知識
  • 消費者保護に関する知識
  • モバイルユーザの基礎知識(法制度など)
  • モバイル関連最新サービス

モバイル技術基礎検定で目指せる職業、就職先は?

モバイル技術基礎検定を取得すると、モバイル業界やIT業界への就職・転職において、基礎的な知識を習得していることをアピールできます。

モバイル技術基礎検定を取得するとどんな悩みが解決できる?

モバイル技術基礎検定を取得すると、下記の悩みや課題の解決に貢献できます。

モバイル技術基礎検定が解決できること
  • モバイル機器や通信の仕組みを理解できる
  • モバイルユーザの顧客満足度向上をサポートする

モバイル技術基礎検定の資格を取れる人はどんな人?(取得条件・受験資格)

モバイル技術基礎検定の受験資格に制限はありません。

取得にかかる費用

モバイル技術基礎検定の受験費用は、下記のように定められています。

  • 一般:8,800円(税込)
  • アカデミー:6,600円(税込)

モバイル技術基礎検定試験の日程

モバイル技術基礎検定の試験は、年に2回試験期間が設けられます。試験はCBT方式ですので、コンピュータを使用して受験してください。

モバイル技術基礎検定はどんな人におすすめの資格?

モバイル技術基礎検定は、モバイル業界やIT業界に進む予定の学生、これから転職をする社会人におすすめの資格です。IT系の資格の中では基礎レベルの資格となりますので、将来的なスキルアップを見据えた基礎力習得にぴったりといえるでしょう。

モバイル技術基礎検定の合格率は、73%と発表されています。しっかりと受験すれば合格可能ですので、公式テキストを活用するなど試験に向けて準備をしましょう。

モバイル技術基礎検定の資格取得がおすすめな人
  • モバイルに関する知識の基礎を習得したい人
  • モバイルやアプリ業界に就職した文系の人
  • モバイルやアプリ開発に関心がある学生
  • モバイルシステム技術検定2級取得を目指す人

どこが管理している資格なの?(問い合わせ先・管理団体)

モバイル技術基礎検定を主催しているのは、モバイルコンピューティング推進コンソーシアムです。試験の詳細や申込については、下記URLから確認してください。

▼ モバイルコンピューティング推進コンソーシアム

まとめ:モバイル業界やIT業界への就職を目指す学生や新社会人におすすめ

モバイル技術基礎検定に興味は湧いてきましたか? 資格取得は自分の知識やスキルを証明する武器になりますので、学生のうちからどんな能力を伸ばしたいか考えておくのもおすすめですよ。

コメント