本メディアではアフィリエイト広告を利用していますが、コンテンツ制作はプロコミ編集部が独自で行っています。メーカー等はコンテンツの内容や商品のランキング・評価等の決定に一切関与していません。

航空トラベル検定の資格を取るとどんなメリットがある?

航空トラベル検定のメリット使える民間資格
スポンサーリンク

旅行が好きな人や旅行業界・航空業界に興味がある人が、語学系資格にプラスして取得がおすすめされる資格が「航空トラベル検定」です。この記事では、航空トラベル検定の出題内容や受験資格、受験料などを解説します。

スポンサーリンク

航空トラベル検定とは、どんな資格?

航空トラベル検定とは、海外旅行に役立つ地理の知識や旅行業界・航空業界などの業務で用いられる知識を幅広く問われる検定試験です。旅行業界・航空業界などで働く社会人のほか、学生などの受験もおすすめです。

学ぶ知識・技術

航空トラベル検定の試験は、全100問で試験時間は60分です。試験の出題内容は下記のように構成されています。

出題内容
  • 都市についての問題(コード、所在地など):10問
  • 空港についての問題(コード、所在地など):20問
  • 通貨についての問題(コード、流通している国など):5問
  • 国・地域についての問題(コード、所在地、国旗など):15問
  • 航空会社・航空機についての問題(コード、所在地、メーカー、性能など):20問
  • 地理・時差についての問題(所在地、計算問題など):10問
  • 航空用語についての問題(国際機関、用語の定義など):5問
  • 国際関係・旅行用語についての問題(国際条約・協定、出入国など):5問
  • 長文問題(様々な組み合わせの複合的な問題):5問
  • 日程表に関する問題(Eチケット控えなどから出題):5問

航空トラベル検定で目指せる職業、就職先は?

航空トラベル検定の資格を取得すると、旅行業界や航空業界の仕事に役立つ知識を習得できます。ただし旅行業界や航空業界では語学の資格など、企業によって所定の資格取得が求められることが多いでしょう。

航空トラベル検定を取得するとどんな悩みが解決できる?

航空トラベル検定を取得すると、下記の悩みや課題の解決に貢献できます。

航空トラベル検定が解決できること
  • 旅行や出張の問い合わせに対して、高いレベルの接客で対応できる
  • 旅行のスケジュール管理の効率性がアップする

航空トラベル検定の資格を取れる人はどんな人?(取得条件・受験資格)

航空トラベル検定の受験資格に制限はありません。

取得にかかる費用

航空トラベル検定の受験料は、4,000円(税抜)です。

航空トラベル検定試験の日程

航空トラベル検定は、CBT試験で実施されます。CBT試験は全国200以上の会場で受験できますので、受験場所と日時を予約して受験してください。

航空トラベル検定はどんな人におすすめの資格?

航空トラベル検定は、趣味にも仕事にも活かせる知識を習得できる民間資格です。旅行が好きな人が航空トラベル検定を取得することで、国際感覚が養われたり、効率的な旅行の進め方の理解につながったりするでしょう。

航空トラベル検定を仕事に活かす場合、旅行業界や航空業界で役立ちます。航空トラベル検定で得た知識に加えて、接遇やコミュニケーション能力、語学力を磨くとさらなるスキルアップにつながります。

航空トラベル検定の勉強方法は、学校の地理などの教科書・資料集も役立ちます。そのほか、株式会社OFCから販売されているテキストを利用するとさらに効率的でしょう。

航空トラベル検定の資格取得がおすすめな人
  • 旅行が好きな人・学生
  • 旅行業界への就職・転職を目指す人
  • 航空業界への就職・転職を目指す人

どこが管理している資格なの?(問い合わせ先・管理団体)

航空トラベル検定の試験を実施しているのは、株式会社OFCです。試験の詳細や申込については下記URLから確認してください。

▼ 株式会社OFC

まとめ:旅行業界や航空業界に興味がある人におすすめの資格!

航空トラベル検定は趣味の一環として受験する人もいる民間資格です。旅行業界や航空業界への就職・転職を目指す人にとっても役立つ知識を習得できるでしょう。

コメント