情報検定(J検)の資格を取るとどんなメリットがある?

情報検定(J検)のメリットIT・PC、事務系
スポンサーリンク
アクシスコンサルティング株式会社バナー

近年はどの職種でもパソコンスキルや情報リテラシー、情報活用能力が求められますよね。情報検定(J検)は、ビジネスパーソンなら習得しておきたいICT能力を身に付けることができる資格です。

この記事では、J検の3つの試験である情報システム・情報活用・情報デザインの違い、試験の出題範囲、受験料などを解説します。

スポンサーリンク

情報検定(J検)とは、どんな資格?

J検とは、ICT能力を客観的基準で評価する資格試験で、文部科学省の後援を受けています。J検はこれまでに約135万人を超える出願者がいる試験です。

J検は、3つの独立した体系によって試験が構成されます。

情報システム試験(プログラマ認定・システムエンジニア認定)
情報処理技術を評価する
情報活用(1級・2級・3級)
情報利活用能力を評価する
情報デザイン(初級・上級)
情報デザインの考え方・分析力、論理力、表現力、提案力を評価する

学ぶ知識・技術

J検を取得するには、情報システム試験、情報活用試験、情報デザイン試験に合格する必要があります。

情報システム試験

情報システム試験の出題範囲は次のように定められています。

基本スキル
  • プロジェクトマネジメント
  • 情報表現
  • データ構造、集合と論理
  • CPUアーキテクチャ、補助記憶装置
  • システム構成、ソフトウェア
プログラミングスキル
  • データ構造とアルゴリズム
  • 疑似言語
  • プログラミング技術または表計算ソフトを利用した問題解決
システムデザインスキル
  • 経営戦略とシステム戦略
  • システム開発
  • ネットワーク技術
  • データベース技術
  • セキュリティと標準化

情報活用試験

情報活用試験の出題範囲は次のように定められています。

1級
  • 情報と情報の利用
  • パソコンを利用したシステム
  • ネットワークの利用
  • 情報ネットワーク社会への対応
  • 情報セキュリティ
  • 表計算ソフト等を利用した問題解決
2級
  • 経営戦略とシステム戦略
  • プロジェクトマネジメント
  • データ構造と情報表現
  • 問題解決処理手順
  • パソコンの基礎
  • インターネットの基礎
  • アプリケーションソフトの利用
3級
  • 情報表現と処理手順
  • パソコンの基礎
  • インターネットの基礎
  • インターネットの利用
  • 情報機器の基本操作
  • 情報社会とコンピュータ
  • 情報モラル

情報デザイン試験

情報デザイン試験の出題範囲は次のように定められています。

初級
  • 情報デザインの考え方
  • 情報の収集と整理
  • 問題解決と発想
  • 情報の構造化と表現
  • 情報の伝達と評価
上級
  • 情報デザインの考え方
  • 情報の収集と整理
  • 問題解決と発想
  • 情報の構造化と表現
  • 情報の伝達と評価

情報検定(J検)で目指せる職業、就職先は?

J検を取得すると、IT業界を中心としたプログラマやエンジニアとして就職・転職する際に役立ちます。有資格者は下記の業種で活躍することが多いでしょう。

  • ゲームプログラマ
  • システムエンジニア
  • プログラマ

情報検定(J検)を取得するとどんな悩みが解決できる?

J検を取得すると、下記の悩みや課題の解決に貢献できます。

情報検定(J検)が解決できること
  • 情報を活用した開発に役立つ知識が身に付く
  • 高い情報リテラシーを習得できる

情報検定(J検)の資格を取れる人はどんな人?(取得条件・受験資格)

J検の受験資格に制限はありません。

取得にかかる費用

J検の受験料は、各スキルで次のように定められています。

  • 基本スキル:3,500円
  • プログラミングスキル:3,000円
  • システムデザインスキル:3,000円

情報検定(J検)試験の日程

J検は、PBT方式は前期と後期の年2回全国一斉で実施されます。CBT方式で受検する場合は通年実施されています。

情報検定(J検)はどんな人におすすめの資格?

現代のビジネスパーソンにとって、ICT能力は必須のスキルになってきました。特にプログラマやエンジニアを目指す人は、J検の取得を通してICT能力を磨くのがおすすめです。

情報検定(J検)の資格取得がおすすめな人
  • これから就職活動を進める学生
  • スキルアップを目指す新社会人
  • プログラマやエンジニアを目指す人

どこが管理している資格なの?(問い合わせ先・管理団体)

J検を主催しているのは、一般財団法人 職業教育・キャリア教育財団 検定試験センターです。試験の詳細や申込については下記HPから確認してください。

▼ 一般財団法人 職業教育・キャリア教育財団 検定試験センター (旧 専修学校教育振興会)

まとめ:J検はICT能力の高い人材を目指す人におすすめ

ICT能力は、現代のビジネスパーソンの基礎力形成に必須といえます。J検では基礎レベルはもちろん、スキルアップを目指す人におすすめの試験も用意されています。情報に強い人材になるために、資格取得にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました