ITストラテジストの資格を取るとどんなメリットがある?

エンジニアチームがITストラテジ資格者のもとミーティングをしている写真IT・PC系
この記事は約7分で読めます。

エンジニアなどのシステム開発業種の上級職であり、難関の国家資格として知られるのが「ITストラテジスト」です。今回はこのITストラテジストとはどんな資格か、担当する業務内容や役割、資格取得に必要な知識、取得によるメリットなどをお伝えしていきます。

ITストラテジストとは、どんな資格?

ITストラテジストとは、システム開発の超上流工程で事業計画段階から参画し、経営者目線でIT戦略の立案と実行を主導するストラテジスト(戦略家)です。2009年から認定された高度情報処理技術者試験の一つで、難関国家資格でもあり、「ITを活用して経営戦略を実現するための人材」と定義されています。

ITストラテジストの具体的な仕事内容は、下記の通りです。

ITを活用した事業戦略の策定
既存のIT事業の調査・分析を行い、課題を抽出し、経営陣に対してフィードバックを行います。また。IT業界全体の動向を調査した上で、新しいビジネスモデルなどのIT戦略を策定します。
全体システム化計画の作成
IT戦略を実現するためのアーキテクチャ(基盤構成)を検討し、中長期的な計画・目標を策定していきます。
個別システム化計画の作成
全体システム化計画で対象となったIT業務の分析をし、具体的な業務モデルの作成やプロセスの再設計、提供するサービスレベルやコスト、スケジュールなどを検討します。
モニタリングとコントロール
計画するIT事業のリスク分析・管理といったリスクマネジメントから、プロジェクト全体の評価や運用推進などを行います。
IT技術関連動向のキャッチアップと分析
プログラミングやソフトウェア、ハードウェア、知的財産等、IT技術関連の幅広い知識を常に更新していきます。

学ぶ知識・技術

ITストラテジストは経営戦略に関わる重要なポジションのため、下記のような知識・技術が必要になります。

ヒューマンスキル
ITストラテジストは、IT技術に詳しくない経営者へのプレゼンする機会が多い職種です。また、IT技術を使う企業(顧客)の課題を見極めるためには、ヒアリングの能力が求められます。
IT技術に関する深い知見
ITストラテジストは、実際に開発に携わってプログラミングを行う場面は少ないです。しかし、IT関連の深い知識や活用方法を把握していなければ、具体的な経営戦略は提供できないため、IT技術を活用した具体的な経験を身につけていることが必要でしょう。

なお、ITストラテジストの国家資格を取得するには、ITストラテジスト試験に合格する必要があります。試験(マークシートや記述、論述式)では下記の知識・技術が問われます。

テクノロジ系

基礎理論
  • 離散数学
  • 応用数学
  • 情報に関する理論
  • 通信に関する理論
  • 計測、制御に関する理論
  • データ構造
  • アルゴリズム
  • プログラミング
  • プログラム言語
  • その他の言語
コンピュータシステム
  • プロセッサ
  • メモリ
  • バス
  • 入出力デバイス
  • 入出力装置
  • システムの構成
  • システムの評価指標
  • オペレーティングシステム
  • ミドルウェア
  • ファイルシステム
  • 開発ツール
  • オープンソースソフトウェア
  • ハードウェア
技術要素
  • ヒューマンインターフェース技術
  • インターフェース設計
  • マルチメディア技術
  • マルチメディア応用
  • データベース方式
  • データベース設計
  • データ操作
  • トランザクション処理
  • データベース応用
  • ネットワーク方式
  • データ通信と制御
  • 通信プロトコル
  • ネットワーク管理
  • ネットワーク応用
  • 情報セキュリティ
  • 情報セキュリティ管理
  • セキュリティ技術評価
  • 情報セキュリティ対策
  • セキュリティ実装技術
開発技術
  • システム要件定義
  • システム方式設計
  • ソフトウェア要件定義
  • ソフトウェア方式設計・ソフトウェア詳細設計
  • ソフトウェアコード作成及びテスト
  • ソフトウェア結合・ソフトウェア適格性確認テスト
  • システム結合・システム適格性確認テスト
  • ソフトウェア導入
  • ソフトウェア受け入れ
  • ソフトウェア保守
  • 開発プロセス
  • 知的財産適用管理
  • 開発環境管理
  • 構成管理・変更管理

マネジメント系

プロジェクトマネジメント
  • プロジェクト統合マネジメント
  • プロジェクト・スコープ・マネジメント
  • プロジェクト・タイム・マネジメント
  • プロジェクト・コスト・マネジメント
  • プロジェクト品質マネジメント
  • プロジェクト人的資源マネジメント
  • プロジェクト・コミュニケーション・マネジメント
  • プロジェクト・リスク・マネジメント
  • プロジェクト調達マネジメント
サービスマネジメント
  • サービスマネジメント
  • 運用設計・ツール
  • サービスサポート
  • サービスデリバリ
  • サービスマネジメント構築
  • ファシリティマネジメント
  • システム監査
  • 内部統制

ストラテジ系①

システム戦略
  • 情報システム戦略
  • 業務プロセス
  • ソリューションビジネス
  • システム活用促進・評価
  • システム化計画
  • 要件定義
  • 調達計画・実施
経営戦略
  • 経営戦略手法
  • マーケティング
  • ビジネス戦略と目標・評価
  • 経営管理システム
  • 技術開発戦略の立案
  • 技術開発計画
  • ビジネスシステム
  • エンジニアリングシステム
  • e-ビジネス
  • 民生機器
  • 産業機器
企業と法務
  • 経営・組織論
  • OR・IE
  • 会計・財務
  • 知的財産権
  • セキュリティ関連法規
  • 労働関連・取引関連法規
  • その他の法律ガイドライン・技術者論理
  • 標準化関連

ストラテジ系②

システム戦略
  • システム戦略
  • システム企画
経営戦略
  • 経営戦略マネジメント
  • 技術戦略マネジメント
  • ビジネスインダストリ
企業と法務
  • 企業活動
  • 法務
記述式・論述式試験
  • 業種ごとの事業特性を反映し、情報技術を活用した事業戦略の策定または支援
  • 業種ごとの事業特性を反映した情報システム戦略・全体システム化計画の策定
  • 業種ごとの事業特性を反映した個別システム化構想・計画の策定
  • 事業ごとの前提や制約を考慮した情報システム戦略の実行管理と評価
  • 組込みシステムの企画、開発計画の策定・推進

ITストラテジストで目指せる職業、就職先は?

ITストラテジストの国家資格取得後、目指せる主な就職先・転職先は下記の通りです。

  • コンピュータメーカー
  • ソフトウェア企業
  • 情報処理系のIT企業

ITストラテジストになるとどんな悩みが解決できる?

ITストラテジストになると、自身の知識を活かして下記のような悩み・問題が解決できます。

ITストラテジストが解決できること
  • 高度なITスキルと経営知識を通じて、企業のIT戦略が成功するよう導く
  • ビジネスモデルや企業活動において、情報技術を活用して改革・高度化・最適化するための基本戦略を策定し、提案する

ITストラテジストの資格を取れる人はどんな人?(取得条件・受験資格)

ITストラテジストの国家資格を取得するには、ITストラテジスト試験を受験し合格する必要がありますが、この試験は年齢や学歴、職歴を問わず誰でも受験できます。

取得にかかる費用

ITストラテジスト試験の受験にかかる料金は、5,700円です。

ITストラテジストはどんな人におすすめの資格?

ITストラテジストは、下記のような人に取得がおすすめの国家資格です。

ITストラテジストの資格取得がおすすめな人
  • エンジニア業界の中で、超上流工程の仕事に携わりたい人(企業のトップマネジメント、事業戦略や事業計画など)
  • IT関連企業で高年収を狙う人(平均年収は670万円)
  • IT関連企業の経営戦略・情報戦略に携わりたい人(中小企業診断士の資格を既に保有している人など)

どこが管理している資格なの?(問い合わせ先・管理団体)

ITストラテジストの国家資格を管理し、試験を実施しているのは、「独立行政法人 IPA(情報処理推進機構)」です。試験の日程や会場、受験に必要な申請手続きなどについては、下記の公式HPからご確認ください。

▼ 独立行政法人 IPA(情報処理推進機構)

まとめ:ITストラテジストは難関国家資格だが、年収もできる業務も大幅UP!

IT関連の業種はポジションによって、任される役割や責任、年収が大幅に異なります。ITストラテジスト試験は合格率約15%の難関国家資格ですが、取得後は上流工程でIT戦略のコンサルタントが担当できるようになり、業務の幅も貰える年収もかなり増えることが期待されます。IT関連業界でキャリアを形成していきたい方は、取得に向けて是非実務経験や知識を積んでいってください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました