本メディアではアフィリエイト広告を利用していますが、コンテンツ制作はプロコミ編集部が独自で行っています。メーカー等はコンテンツの内容や商品のランキング・評価等の決定に一切関与していません。

話力検定の資格を取るとどんなメリットがある?

話力検定やりがい・夢を与える
スポンサーリンク

仕事ではコミュニケーション能力が大切ですが、営業や接客の人には伝える力も必要。この記事では「話力検定」 の1級・2級・3級の目安、公式テキストの内容、話力検定を取得するメリットなどを解説します。傾聴力に加えてさらなるスキルアップを目指す人は、話力検定とは何かチェックしていきましょう。

スポンサーリンク

話力検定とは、どんな資格?

ビジネスシーンでは、傾聴力だけでなく話す力・伝える力も求められます。話力検定は「思考力」「伝達力」「表現力」をふまえた「話す力」を測定する検定試験です。

話力検定には1級・2級・3級の級数があります。

1級
話力の活用にあたり、話力を味方にして本格的に稼ぐための単元
2級
話力の応用にあたり、社会活動の中でも特に仕事をする上で必要なスキルとして、伝達、傾聴を中心に具体的な方法を学ぶ
3級
話力検定の中では基礎にあたり、コミュニケーションの窓口である自己紹介を習得

検定公式テキスト『話力1日10分集中講義』の内容

検定公式テキスト『話力1日10分集中講義』では、下記の内容を学習できます。

  • 第1章:個性を際立出せる声
  • 第2章:今すぐ習得すべきコミュニケーション術
  • 第3章:一目置かれる人になる際立つ話力
  • 第4章:自己表現力は人生を豊かにする
  • 第5章:伝え方の極意
  • 第6章:とっておきの声最強スキル
  • 第7章:論理的な思考スピーチライティング
  • 第8章:究極の技で、話力の専門家へ

学ぶ知識・技術

話力検定を取得するためには、筆記試験と実技試験に合格する必要があります。試験はどちらもオンラインで実施されます(1級実技試験は対面)。実技試験はZOOM環境が必要です。

筆記試験

筆記試験の出題範囲は、協会監修の検定公式テキスト『話力1日10分集中講義』です。1級試験には一部、2級・3級範囲が出題されます。2級試験には一部、3級範囲が出題されます。

試験時間は40分で、50問が出題されます。合格基準はいずれの級も80点以上です。

実技試験

ZOOM画面で試験開始になると、事務局とつながります。実技試験ではスピーチなどを行います。1級実技試験は対面で行われますので会場で受験します。

各級の実技試験のテーマは、下記のように設定されています。

1級『フリーテーマ 』(セミナー7分)
対面試験:各自の得意とする分野でテーマを選択
目的:専門知識をわかりやすく的確に伝え、相手の時間を有意義に(楽しい・得する・成長する)する
2級『激変する社会を生き抜く思考力とは 』(プレゼンテーション5分)
目的:有益な情報を伝え、相手に意思決定させ具体的な行動をしてもらう
3級『自己紹介』(スピーチ3分)
目的:自己表現を豊かに相手に自分を知ってもらう

合格基準は、1級が80点以上、2級が70点以上、3級が60点以上です。筆記試験のみ合格した場合、合格認定日から2年間、次回の筆記試験に限り筆記試験免除で受験できます。

話力検定で目指せる職業、就職先は?

話力検定を取得したことが就職・転職に直接的に役立つとは言えませんが、面接で自信を持って話せるようになったり、営業・接客業・サービス業などの日々の業務で役立つでしょう。

話力検定を取得するとどんな悩みが解決できる?

話力検定を取得すると、下記の悩みや課題の解決に貢献できます。

話力検定が解決できること
  • 話したいことをわかりやすく伝えることができる
  • 相手にとってためになる情報で話を構成できる

話力検定の資格を取れる人はどんな人?(取得条件・受験資格)

話力検定の受験資格に制限はありません。

取得にかかる費用

話力検定の受験費用は、個人受験と団体受験で下記のように定められています。

個人
  • 1級:13,200円(税込)
  • 2級:7,700円(税込)
  • 3級:4,500円(税込)
団体受験(10名以上~)
  • 1級:12,100円(税込)
  • 2級:6,600円(税込)
  • 3級:3,500円(税込)

話力検定の日程

話力検定の試験は年に一回実施されます。1級・2級・3級の併願受験が可能です。

話力検定はどんな人におすすめの資格?

話力検定はさまざまな業界・職種のビジネスパーソンにおすすめの資格です。たとえば営業職や販売職の人が話力検定を取得することで、お客様に商品・サービスの魅力をわかりやすく伝える力が身に付くでしょう。プレゼンをする機会の多い企画職などにとっても、聞き手を引き込む伝え方を身に付けるきっかけになります。

話力検定の資格取得がおすすめな人
  • 営業や販売などセールストークを磨きたい人
  • プレゼン力を挙げたい人
  • 伝える力を磨きたい人

どこが管理している資格なの?(問い合わせ先・管理団体)

話力検定を主催・運営しているのは、日本話し方協会です。試験の詳細や申込については、下記URLから確認してください。

▼ 日本話し方協会

まとめ:話力検定で伝える力を磨いて仕事に役立てよう

傾聴力が重視されている昨今ですが、自分の言葉で話し伝えることも仕事では求められます。営業職や販売職など、人と接することが多い職業のスキルアップにおすすめですよ。

新時代の話す力 君の声を自分らしく生きる武器にする

コメント