測量士補の資格を取るとどんなメリットがある?

測量士の指示に従い測量する測量士補の男性キャリアアップ
この記事は約4分で読めます。

建造物を作る際の基礎となる、土地の位置や面積などの測量を執り行う専門職が「測量士補(そくりょうしほ)」です。今回はこの測量士補とはどんな国家資格か、測量士との違いや資格取得方法、取得のメリットなどをお伝えしていきます。

測量士補とは、どんな資格?

家屋やビル、ダム、橋、道路、トンネルなどあらゆる建設工事において、まず最初に行う作業が「測量」です。測量とは、工事予定地の正確な位置(緯度・経度)・高さ・長さ・面積などを、専門的な測量技術を使って測定することです。

この測量に従事する資格には、「測量士」と「測量士補」の2種類があります。いずれも測量法に基づき、国土交通省によって管轄された国家資格で、測量業者では最低1名の測量士・測量士補の資格保有者の配置が義務づけられています。

測量士と測量士補の違いは、「測量計画を作成できるかどうか」です。測量士は、道路・ダム・公園などの建設、上下水道の整備・河川の改修などの公共事業にあたって、用地確定のために測量計画を作成しますが、測量士補はこの計画作成ができません。名前に「補」が付く通り、測量士が作った測量計画に従って測量をするサポートすることが、測量士補の役割になります。

学ぶ知識・技術

測量士補になるには、学校で知識や技能を修得する方法、国家試験に合格する方法の2つのルートが存在します。このうち試験での資格取得を目指す場合は、下記の知識が問われることになります(試験形式は択一式です)。

  • 測量に関する法規
  • 多角測量
  • 汎地球測位システム測量
  • 水準測量
  • 地形測量
  • 写真測量
  • 地図編集
  • 応用測量

測量士補で目指せる職業、就職先は?

測量士補になると、下記のような企業での就職・転職が有利になります。

  • 測量事務所
  • 測量会社
  • 土木・建設会社
  • 地図作成会社
  • 建設コンサルタント会社

こうした測量を手掛ける企業は、事業所ごとに測量士あるいは測量士補の資格保有者を1名以上配置することが義務づけられており、また資格保有者が複数いたほうが安定的に多くの顧客案件を受けられるため、測量士補の採用に積極的です。

測量士補になるとどんな悩みが解決できる?

測量士補になると、下記のような悩み・問題点の解決に貢献できます。

測量士補が解決できること
  • 工事予定地の位置(緯度・経度)・高さ・長さ・面積を正確に測ることで、誤差のない測量計画につなげる

測量士補の資格を取れる人はどんな人?(取得条件・受験資格)

測量士補の国家資格を取得する方法は下記の2通りです。

  1. 測量士補国家試験を受け、合格する
  2. 学歴や職歴などの指定された条件をクリアする

このうち試験には特に受験資格はなく、誰でも受けることができます。また、後者の取得方法としては、以下の学歴・職歴の条件を満たす必要があります。

  • 文部科学大臣の認定学校で測量に関する科目を修め卒業
  • 国土交通大臣の登録を受けた測量に関する専門の養成施設で1年以上、必要な専門知識および技能を修得

取得にかかる費用

測量士補試験を通じて資格を取得したい場合、受験料として2,850円が必要になります。

測量士補はどんな人におすすめの資格?

測量士補は、下記のような人に取得がおすすめの資格です。

測量士補の資格取得がおすすめな人
  • 几帳面な性格の人
  • 正確な測量作業をコツコツ続けられる人
  • 測量機器や三脚などを担ぎながら何時間も歩く体力のある人
  • 協調性のある人(通常、2~5人のチームで測量作業を行うため)
  • 几帳面な性格の人
  • 土地家屋調査士の人(扱う機材等が大部分で重複しているため)
  • 宅建の資格を保有している人(できる業務の幅が広がるため)

どこが管理している資格なの?(問い合わせ先・管理団体)

測量士補の国家資格を管理し、試験を実施しているのは「国土交通省(国土地理院)」です。その年の試験日程や試験会場、受験申請に必要な手続きなどについては、下記の公式HPからご確認ください。

▼ 国土交通省(国土地理院)

まとめ:測量士補は、誰でも受験可能&就職につながりやすいおすすめの資格!

測量士補は、誰でも国家試験を受けることができ、かつ就職・転職につながりやすい魅力的な国家資格です。試験合格率は30%程度と高くはないですが、過去問で対策をすれば合格も見込めるので、ぜひ前向きにトライを!

コメント

タイトルとURLをコピーしました