航空無線通信士の資格を取るとどんなメリットがある?

航空無線通信士の仕事やりがい・夢を与える
スポンサーリンク

無線従事者免許の航空無線通信士は、パイロットや航空管制官を目指す人なら必須の国家資格です。この記事では、航空無線通信士ができること、航空無線通信士の試験科目、受験資格などを解説します。

アマチュアのパイロットが取得する航空特殊無線技士との違いを理解した上で、受験を検討しましょう。

スポンサーリンク

航空無線通信士とは、どんな資格?

航空無線通信士とは、国家資格の無線従事者免許のひとつです。航空機のパイロットや航空管制官が取得する資格で、航空無線通信士ができることは下記の無線設備の操作です。

  • 航空運送事業の用に供する航空機を含むすべての航空機に施設する無線設備の操作
  • 航空交通管制の用に供する航空局を含むすべての航空局や航空地球局の無線設備の操作
  • 航空機のための無線航行局の操作

学ぶ知識・技術

航空無線通信士になるには、養成課程を修了するか試験に合格する必要があります。試験では下記の科目から問題が出題されます。

試験科目(多肢選択式)
  • 無線工学
  • 法規
  • 英語
  • 電気通信技術

航空無線通信士で目指せる職業、就職先は?

航空無線通信士の資格を取得すると、下記の職業への就職・転職が見込めます。

  • 国土交通省の航空管制官
  • 航空会社のパイロットや整備員など
  • 航空管制官

航空無線通信士を取得するとどんな悩みが解決できる?

航空無線通信士になると、下記の悩みや課題の解決に貢献できます。

航空無線通信士が解決できること
  • 空の交通を守るための知識が身に付く
  • 就職や進学に役立つ

航空無線通信士の資格を取れる人はどんな人?(取得条件・受験資格)

航空無線通信士の試験の受験資格に制限はありません。

取得にかかる費用

航空無線通信士の試験の受験費用は、9,300円です。

航空無線通信士試験の日程

航空無線通信士試験は例年、年に二回実施されます。

航空無線通信士はどんな人におすすめの資格?

航空会社のパイロットや航空管制官など、航空機操縦や空の交通に関する仕事に就きたい人は航空無線通信士の資格取得がおすすめです。

航空無線通信士の試験の合格率は40%前後ですので、しっかりとした試験対策が必要でしょう。

航空無線通信士の資格取得がおすすめな人
  • パイロットや航空管制官を目指す人
  • 航空機に関する仕事に就職したい人
  • 比較的高収入の仕事に就きたい人

どこが管理している資格なの?(問い合わせ先・管理団体)

航空無線通信士の試験を管理しているのは、公益財団法人 日本無線協会です。試験の詳細や申込については下記HPから確認してください。

▼ 公益財団法人 日本無線協会

まとめ:パイロットや航空管制官を目指すなら航空無線通信士はおすすめ!

無線従事者免許の航空無線通信士は、航空機のパイロットや航空管制官なら取得しておきたい国家資格です。資格を活かして就職を成功させれば安定した収入も期待できますので、しっかりと準備をして合格を目指しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました