高収入

高収入が狙える資格情報をまとめています。

やりがい・夢を与える

無線従事者免許の違いって?海特・陸特・陸技・海通・総通・航空特・航空通・アマ

無線に関する資格はさまざまあります。この記事では、海上特殊無線技士・陸上特殊無線技士・陸上無線技術士・海上無線通信士・総合無線通信士・航空特殊無線技士・航空無線通信士・アマチュア無線技士について、各資格でできること、資格取得のメリット、就職・転職先をまとめました。
やりがい・夢を与える

航空無線通信士の資格を取るとどんなメリットがある?

無線従事者免許の航空無線通信士は、パイロットや航空管制官を目指す人なら必須の国家資格です。この記事では、航空無線通信士ができること、航空無線通信士の試験科目、受験資格などを解説します。 アマチュアのパイロットが取得する航空特殊無線技士との違いを理解した上で、受験を検討しましょう。
やりがい・夢を与える

IMF(国際通貨基金)専門職員の資格を取るとどんなメリットがある?

日本で公共サービスを提供する公務員がいるように、国際舞台にも国際公務員と呼ばれる職員がいます。 この記事では、国際公務員のひとつであるIMF(国際通貨基金)専門職員について紹介。国際貿易や為替相場などに関する業務にあたるIMF専門職員に就職するまでのステップ、必要な能力や実務経験・スキル、年収相場について解説します。
キャリアアップ

計装士の資格を取るとどんなメリットがある?

計装制御機器の取り扱いのプロフェッショナルである計装士は、「計装エンジニア」とも呼ばれる技術職です。 この記事では、計装士の仕事内容や活躍できる職場、資格試験の概要、キャリアアップや収入に関することを紹介していきます。
収入アップ

機関当直3級海技士(機関)の資格を取るとどんなメリットがある?

船が運航するには、ボイラーや発電装置、ポンプなどの機関が正常に作動し続けることが必要不可欠ですが、これを陰で支えるプロフェッショナルが「機関当直3級海技士(機関)」です。具体的な仕事内容や役割、資格の取得方法などを以降で紹介していきます。
キャリアアップ

内燃機関海技士の資格を取るとどんなメリットがある?

海で働く業種はさまざまありますが、船舶の乗組員として専門的な仕事をするには資格が必要となりますが、どんな資格が必要なのでしょう。 。航海や船舶の装置の運転には、専門性の高い知識や技術が求められます。 今回は、内燃機関海技士という資格について、取得方法や試験の種類、費用を説明していきます。
やりがい・夢を与える

操縦士(パイロット)の資格を取るとどんなメリットがある?

空を飛ぶ飛行機やヘリコプターを操縦するには、自動車や船と同様に、運転免許である国家資格が必要です。今回は「操縦士(パイロット)」の資格取得方法やライセンスの種類について紹介していきます。
やりがい・夢を与える

海技士(航海)の資格を取るとどんなメリットがある?

大型客船の船長や航海士を目指す人にとって、取得が必須の国家資格が「海技士(航海)」です。今回は海技士(航海)とはどんな仕事を担当する資格か、取得方法や取得のメリットなどをお伝えしていきます。
やりがい・夢を与える

海技士(機関)の資格を取るとどんなメリットがある?

船舶が海難事故に遭わず、安全に運航をするためには、船に搭載されている機器の運転・管理を正確に行う必要があります。そんな船のエンジニア職が「海技士(機関)」です。具体的な仕事内容や資格の取得方法などを、以降で紹介していきます。
やりがい・夢を与える

海技士(通信・電子通信)の資格を取るとどんなメリットがある?

海での遠洋漁業の際には大型船舶が運航されますが、大型船舶の船舶職員になるために必要な国家資格が「海技士」です。この海技士の資格は複数の職域に分けられていますが、今回は通信・電子通信を専門とする海技士について、仕事内容や資格の取得方法などを紹介していきます。
タイトルとURLをコピーしました