本メディアではアフィリエイト広告を利用していますが、コンテンツ制作はプロコミ編集部が独自で行っています。メーカー等はコンテンツの内容や商品のランキング・評価等の決定に一切関与していません。

CBS(国際秘書)検定の資格を取るとどんなメリットがある?

CBS(国際秘書)検定IT・PC、事務系
スポンサーリンク

英語の勉強を頑張っている人は、スキルアップの一環として「CBS(国際秘書)検定」にチャレンジしてはいかがでしょう。CBS(国際秘書)とは、日本語と英語を活用したオフィスプロ。この記事ではCBS(国際秘書)検定のプライマリー試験とファイナル試験の違い、CBS(国際秘書)検定の資格取得のメリットを解説します。

スポンサーリンク

CBS(国際秘書)検定とは、どんな資格?

CBSとは「Certified Bilingual Secretary」の略で、日本語と英語をコミュニケーションツールとして使いこなすことができる国際秘書・オフィスプロを指す言葉です。CBS(国際秘書)検定は、1979年に一般社団法人 日本秘書協会が創設した民間資格であり、試験に合格しCBS認定証(CBS Certificate)を授与された人がCBSと呼ばれるようになります。

CBSはグローバルに活躍する秘書であり、ビジネスの基礎力や秘書としての対応力を証明することができます。

CBSにはプライマリー試験とファイナル試験があります。CBSプライマリー試験の合格者には「準CBS認定証」が授与されます。さらにスキルアップしたい人はCBSファイナル試験を受験し、合格すると「CBS認定証」が授与されます。

学ぶ知識・技術

CBS(国際秘書)になるためには、試験に合格する必要があります。

プライマリー(準CBS)試験

プライマリー(準CBS)試験では、下記の内容が審査されます。

Part 1:ビジネス実務
電話・来客応対、会議、出張、スケジュール管理、文書管理、慶弔・プロトコールの基礎知識、ビジネスの場で必要な日本語の言葉づかい・表現、ビジネス文書のマナー・文書作成
Part 2:ビジネス英語
電話・来客応対などのビジネス会話に必要な表現と丁寧表現、ビジネス文書に必要な語彙と文法の基礎知識、英文解釈、ライティング
合格基準
PartⅠ、PartⅡの総合得点において、70%以上の得点率で合格。ただし、各Partの合格点が所定の合格基準を満たしている必要があります

CBSファイナル試験

CBSファイナル試験試験では、下記の内容が審査されます。

Part 1:オフィス業務管理
秘書業務管理、レコードマネジメント、秘書適性、英文表記技法、リスニング
Part 2:経営管理(経営・法律・会計)
経営・法律・会計の基礎知識
Part 3:秘書実務(インバスケット方式)
いくつかの秘書の日常業務について優先順位や処理方法を考え、実際に処理する
Part 4:日本語と英語による個人面談 (10分)
Personal Interview
合格基準
各科目、70%以上の得点率で合格。ただし、面接は面接官の合否判定によります

初回の受験では全科目を受験しなければなりません。次の受験からは不合格科目だけを受験することができます。4年以内に全科目を合格することで、資格が付与されます。

CBS(国際秘書)検定で目指せる職業、就職先は?

CBS(国際秘書)検定を取得すると、グローバル企業の秘書や海外企業の秘書として就職・転職するときに役立ちます。

CBS(国際秘書)検定を取得するとどんな悩みが解決できる?

CBS(国際秘書)検定の資格を取得すると、下記の悩みや課題の解決に貢献できます。

CBS(国際秘書)検定が解決できること
  • 日本語と英語を用いて、業務をスムーズに進めることができる
  • グローバル企業の円滑な経営活動をサポートする

CBS(国際秘書)検定の資格を取れる人はどんな人?(取得条件・受験資格)

CBS(国際秘書)検定の受験資格は、プライマリー試験とファイナル試験で下記のように定められています。

プライマリー試験
受験資格に制限はありません
ファイナル試験
プライマリー試験合格者であること

取得にかかる費用

CBS(国際秘書)検定の受験料は、プライマリー試験とファイナル試験で下記のように定められています。

プライマリー(準CBS)試験
1,1000円
ファイナル(CBS)試験
22,000円(一括)
不合格科目受験
PART I~PARTⅢ:8,000円、PART Ⅳ:7,000円

CBS(国際秘書)検定試験の日程

CBS(国際秘書)検定のプライマリー試験は、春季と秋季の年二回実施されます。ファイナル試験は年一回実施されます。

CBS(国際秘書)検定はどんな人におすすめの資格?

CBS(国際秘書)検定は、秘書の職種だけではなく、ビジネスで求められる実務や対応力などのスキルを測定します。そのため秘書に限らず、日本語と英語のスキルが必要な会社や業務に携わる人、バックオフィスやアシスタント職の人にもおすすめの資格です。

メーカーや製造、金融・保険、サービス業などさまざまな業界でCBS(国際秘書)が活躍しています。

CBS(国際秘書)検定の準CBSの合格率は、30~40%程度です。CBSの合格率は13~20%程度ですので、試験合格を目指してしっかりと準備が必要でしょう。資格取得者の年代は、30代~40代が多くなっています。

CBS(国際秘書)検定の資格取得がおすすめな人
  • 日英のバイリンガル秘書として活躍したい人
  • 日本語と英語を使って業務を行う人

どこが管理している資格なの?(問い合わせ先・管理団体)

CBS(国際秘書)検定を実施しているのは、一般社団法人 日本秘書協会です。試験の詳細や申込については、下記URLから確認してください。

▼ 一般社団法人 日本秘書協会

まとめ:日英の言語スキルを駆使してスキルアップを目指そう

CBS(国際秘書)検定は、日本語と英語のスキルを有する人がさらなるスキルアップを目指すときにおすすめの民間資格です。オフィス業務のスキルアップにぴったりの資格ですので、秘書だけでなく総務や営業アシスタントなどの職種の人も、資格取得を検討してはいかがでしょうか。

コメント